売れるネットショップを作るなら「集客」「接客」「追客」を実行するべし。

売れるための施策はすべて「3大施策」に含まれる

売れるネットショップ・売れ続けるネットショップは、店舗に「集客」して、売れるように「接客」し、「追客(リピート促進)」をすれば良いのです。簡単ですよね。実店舗ではチラシを配ったりして「集客」をして、店員や商品POPなどで「接客」し、会員登録したお客様に向かてDMを流したり、ポイントカードなどでリピート促進をしていると思います。

でもネットショップだと売れるための3大施策をしない人が圧倒的に多いのです。
理由は簡単で、やることはわかっていてもやり方がわからないから。

たとえば売れるネットショップにするにはこんなことをすれば良いと言われた経験はありませんか?

  • 検索エンジンで上位表示できていれば良い(SEO)
  • 熱意を込めてページを作りこめば良い
  • 売れる商品を選べばよい
  • 商品数を増やせば良い
  • 広告費を払って露出を多くすれば良い など

そんなノウハウがネット上にたくさん転がっています。上記の項目は売れるネットショップにとって必要な施策ではありますが、この施策が「集客」「接客」「追客」に含まれることを知っておきましょう。派手なプロモーションも地道な相互リンクも「集客」。クールなデザインも、こだわりの商品紹介や、店舗のコンセプトなども「接客」。イベント告知や商品に導入するチラシなども「追客」に分類することができます。

どんな施策も「3大施策」のどれかに当てはまります。これらを踏まえて今までやってきたこと・これからやろうとしていることを振り買ってみてください。それだけでも頭がすっきりして次に何をすれば良いのかが見えるのではないでしょうか。

[記事公開日]2015/05/24  [最終更新日]2016/11/25