ブログ運営で集客する意味

yaruo003
ブログ運営で集客する意味って?

ホームページは持っているけどブログはしていないという会社ホームページを良く見かけます。集客効果という意味でもブランディングという意味でもブログは有効なWeb戦略なのに活用しきれていないという方は多いです。

もちろんブログを活用しない集客方法はたくさんあります。

  • リスティング広告(PPC広告)
  • アドネットワーク広告
  • DSP広告
  • メルマガ広告
  • ソーシャルメディア(SNS)広告
  • アフィリエイト広告
  • 動画広告
  • ネイティブ広告

など、お金をかけて広告を打てば集客できるのにもかかわらず、なぜ今ブログに注目を集めているのでしょうか。ブログ運営をするメリットは数多くありますが、集客という意味で考えた時にはホームページを持ち続ける限り半永続的に集客が見込めることや、外注しないで自分で更新できるので集客を自分自身で行うことができるなどが挙げられます。

ホームページを活用したWeb集客をしたいと検討中であれば自分で更新することができるブログ集客を検討されてみはいかがでしょうか。

ブログが集客に最適な理由

aa9
ブログはページを投稿・修正が簡単で、アクセス数を集めやすいので集客には最適なツールだクマー

そもそも集客の意味は、お客様を集めること です。

お客様を集客するのはブログでなくてもすることができますが、テレビCMチラシ、ニュースレター、紹介カードや看板などを活用して集客することは可能です。しかし、情報社会となった今、インターネットの普及やスマートフォンの普及でいつでも誰でもホームページで情報を得るようになりました。

業種や職種にもよって異なりますが、テレビCMやチラシなどの集客よりも費用対効果の高いホームページを活用したインターネット集客に注目を集めるようになったのです。もちろん業種によっては集客することが難しい場合もありますが、少しの工夫で集客をすることもできますしアクセス数を増やすことも可能です。

ページの更新が簡単

インターネットで集客するにはSEO対策が必要不可欠ですが、ブログを更新することで1ページ新しくページが作られます。ページ数やテキスト量が多ければSEOに有利に働くのと同時に情報を発信し続けることで検索エンジンに効率よくアピールできるのもブログ運営のメリットです。

ブログでSEO対策をすることによって検索エンジンで上位表示できる可能性が高くなり、上位表示されたホームページは検索エンジンからの圧倒的な集客を期待することができます。見込み客はもちろん、見込み客でなかった人もブログを通じて見込み客に育てることができるのもブログで記事を発信し続けることで可能です。

ロングテールによる集客が期待できるブログ運営

ブログは1ページ1キーワードを遵守して作成していくことが必要ですが、狙ったキーワード以外のキーワードからの集客が期待できます。1キーワードのメインキーワードだけでなく多数のスモールキーワードでも集客することができるので、1ページ当たりの集客力は大きく向上するでしょう。

スモールキーワードは検索ボリュームが圧倒的に少ないのが特徴ですが、検索する人は少なからず存在します。通常であれば検索ボリュームの少ないキーワードにページを作りこむのは費用対効果の悪いやり方ではありますが、ブログであれば1ページ投稿するのは簡単にすることができるので、メインキーワードで上位表示を狙いながらスモールキーワードを対策できます。

スモールキーワードの1キーワードあたりの検索ボリュームは少ないのですが、すべてのスモールキーワードを集めると全体の8割以上を占めるケースもあるので軽視することはできません。

ブログ運営で集客する意味とは

yaranaio001
ブログ集客は効果抜群!

ブログで集客することができればあなたの会社をお店を知らない人にも知ってもらう機会が増え、サービスや商品に興味がある人があなたの会社やお店を知る機会が増えていきます。ブログは記事を積み重ねてストックすることができるので、ブログを更新し続ける限りチャンスは広がっていくでしょう。

あなたは1人で1000人の見込み客に対してアプローチすることは不可能でしょう。費用も時間も非効率です。しかしブログ集客が成功すれば1日1000人にアプローチすることができます。ブログ記事を書き続ければ集客効果は効果を増し、1日5000人にアプローチすることも不可能ではありません。

1ページ1ページ愛情を込めた投稿は会社の財産となり、集客効果も比例して向上していきます。

多くの見込み客に対してアプローチできるブログ運営。集客手段でお困りの方は是非ブログ運営をやられてみてはいかがでしょうか。

yaranaio002

[記事公開日]2015/04/30  [最終更新日]2016/11/25