Googleアナリティクスを導入したらやっておきたい初期設定

GoogleアナリティクスのトラッキングコードをWebサイトに張り付けただけでは効率よくデータを解析することは難しいです。非常に非効率とも言えます。

アクセス解析は基本的には1か月単位で見ることが多いのですが、もし初期設定をしていなければ1か月間のデータを取得することができなかったり、初期設定をしていなかったがゆえにデータを取得できなかったなどとなってはWeb担当者失格です。

今はGoogleアナリティクスで設定するべきことの意味が分からずとも、最初の段階でやっておくべき項目なのでぜひともやってみてください。

ウェブマスターツールとの連携

Googleが提供しているウェブマスターツールは、googleの検索エンジンにおいて登録した自分のWebサイトの表示回数やクエリ数などのデータを見ることができるWebサイト管理者にとって必ず設定しておきたいツールです。ウェブマスターツールでは、自分のサイトに訪問する前のデータを見ることができるので、アナリティクスとは別のアクセス解析結果を参照することが可能となります。

アナリティクスとウェブマスターツールを連携させれば、Googleアナリティクスのレポート内で見ることができます。まだGoogleアナリティクスとウェブマスターツールの連携ができてない方はこの機会にやられてみてください。

「ウェブマスターツールとの連携」は、Googleアナリティクスのプロパティのレベルで設定します。

管理画面

画面上部の「アナリティクス設定」をクリックし、「プロパティ設定」をクリックします。

ga-gwmt-toroku

「プロパティ設定」をクリックして、画面の一番下にウェブマスターツールの設定という項目があります。上記画像ではGoogleアナリティクスとウェブマスターツールが連携されていません。

ウェブマスターツールと連携させるには「編集」をクリックしてください。

ウェブマスターツールの設定

Googleアナリティクスとプロパティとの紐付

先ほど「編集」ボタンを押した先が上記画像のような設定画面となっています。ウェブマスターツールにて登録が済んでいる場合にはウェブマスターツールで管理S知恵いるサイトの一覧が表示されます。
上記の例ではhttp://hikarika.jp/と表示されています。

ここでGoogleアナリティクスと連携させたいサイトを選択して、「保存」ボタンを押してください。

ウェブマスターツールの設定

Googleアナリティクスとウェブマスターツールとの連携が完了すれば上記のイメージ図のようになります。

登録前は「none」と表示されていた場所が、登録したサイトURLに変更されていれば完了です。最後に「保存」ボタンを押しましょう。

新しいビュー(プロファイル)の作成と設定

最初にGoogleアナリティクスのアカウントを作成すると、自動的に「プロパティ」と「ビュー(プロファイル)」が1つずつ作成されます。Googleアナリティクスを使うにあたって初期設定のままでも問題ありませんが、レポートを見やすいようにカスタマイズしていくために「ビュー(プロファイル)」を編集していく必要があります。

ga-byu1

ビュー(プロファイル)の運用にお勧めはなのは、最初にGoogleアナリティクスのアカウントを作成した際に作られたビューは手を加えずに、新しいビューを作って手を加えていくことを推奨しています。

Googleアナリティクスの考え方としては元データの塊が「プロパティ」、プロパティから派生して作られた様々なレポート画面が「ビュー」となります。なのでビューの設定によっては、せっかくの解析結果を一部削除してしまう可能性もあります。

ビューの設定によって一部データが削除されてしまっては復元することは難しいです。なので万が一に備えて自動的に作られたビューには手を加えずに、新しいビューを作成して運用していくべきです。

3階層構造の一番下にある「ビュー」は初期設定では「すべてのウェブサイトのデータ」と表示されます。(上記画像ではhttp://hikarika.jpと編集しました)

新しいビュー(プロファイル)の作成

ga-byu2

新しいビュー(プロファイル)を作る必要があります。
画面右上にある「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックするとプルダウンが表示され既存のビューの下に「新しいビューを作成」をクリックしましょう。

ga-byu3

レポートビュー名を入力する欄があるので、仮に「ビューA」を入力しました。

問題がなければ「ビューを作成」をクリックして完成です。

同一コンテンツを同じURLに統一

同一コンテンツを同じURLに変更することをURLの正規化と言います。
SEO対策でもURLの正規化は大事とされていますが、アクセス解析にもURLの正規化は非常に重要な項目です。同じページ・同じコンテンツなのにアクセス結果が異なったり、重複していたりしていたのであれば正しい数値は測定することができません。

ビュー(プロファイル)の設定

先ほど作成した「ビューA」に設定していきます。

ga-sekika1

「ビューA」をクリック。
(例として「ビューA」を選択しましたが「すべてのウェブサイトのデータ」でも構いません)

ga-sekika2

「ビュー設定」をクリック

ga-sekika3

デフォルトのページに「index.html」と記入して「保存」を押せば完了です。
これでGoogleアナリティクスではURLの正規化が完了いたします。

URL情報取得の仕組みを知っておこう

たとえば当サイトでは、

http://hikarika.jp/

http://hikarika.jp/index.php

どちらを入力しても同じトップページが表示されます。
そして、自動的にhttp://hikarika.jp/になるように設定しています。どちらも同じページであるのにもかかわらず同じページが2ページもあっては検索エンジンの評価が悪くなります。そしてアナリティクスでもデータを読み取るのが大変になるため最初にしておきたい初期設定です。

ga-sekika4

同じページなのに別々のページとして計測してしまっては集計が大変です。
なので先ほどのデフォルトページに「index.html(index.php)」と入力してURLの正規化を行いましょう。トップページだけではなく、深い階層のURL正規化も行ってくれますので便利です。

http://hikarika.jp/shop/index.htmlの「shop」階層も同様に表示してくれるので簡単ですね。

目標(コンバージョン)の設定

ホームページ運営をしていく中で、何か目標を持ってやられていると思います。

  • 資料請求
  • メールマガジン登録
  • メールフォーム送信
  • 商品購入
  • 平均ページビュー数
  • ページビュー数の向上 など

他にもホームページを運営によっては様々な目標があるはずです。
どんなホームページでも目標を設定することで、目標達成回数(コンバージョン数)が集計されて、ホームページ運営を評価することができます。目標のないホームページは何をしてよいかわからない適当なホームページになることが多いので、この機会に設定することを推奨いたします。

フィルタを使って関係者の閲覧データを排除する

アクセス解析では関係者のアクセスを除外して計測することが多いです。
大勢の従業員やウェブ制作会社や広告代理店などが自社サイトにアクセスするケースが多い場合は除外したほうが正確なアクセスを計測することができます。

特にアクセス数が少ない時期は、ほとんどが自分のアクセスだったなんてこともあり得ます。純粋な訪問者だけを計測することでデータを正確に知ることができるので最初に設定しておきたい項目の1つです。

Googleアナリティクスでは「フィルタ」と呼ばれる機能を使って特定のアクセスを除外します。

ga-etsuran1

「アナリティクス設定」をクリックして管理画面を開き、ビュー(プロファイル)の欄から「フィルタ」を選択します。

ga-etsuran2

フィルタを使ったアクセスの叙階が2つの方法があります。

  • ISPドメインからのトラフィックフィルタ
  • IPアドレスからのトラフィックフィルタ

状況によって最適な方法を選ぶようにしてください。

ISPドメインからのトラフィックフィルタを作成

ga-etsuran3

上記のように設定すれば関係者の社内ネットワークからの利用については削除することができます。しかしウェブ制作会社や広告代理店などの関係者からのアクセスは序がすることができません。

その場合は別の「IPアドレスからのトラフィックフィルタ」を活用していきます。

IPアドレスからのトラフィックフィルタの作成

ga-etsuran2

先ほどと同様に「新しいフィルタ」をクリックして、フィルタ作成画面を表示させます。

ga-etsuran4

特に難しいところはIPアドレスを入力する欄になるのではないでしょうか。

IPアドレスを調べる方法はたくさんありますが、
たとえばアクセス情報【使用中のIPアドレス確認】にアクセスすれば表示されます。

表示されたIPアドレスを入力してアクセスを除外しましょう。

閲覧ユーザーの登録

Googleアナリティクスには自分だけではなくて自社サイトの人間やウェブ制作会社、広告代理店なども同じデータを共有することができます。

複数人でサイトを管理をする場合は閲覧ユーザーの登録を行い、効率よく運用していきましょう。

Googleアナリティクスを導入したらやっておきたい初期設定まとめ

アナリティクス導入時に設定しておきたい項目はいかがでしたでしょうか。

もちろん途中からデータを計測したり修正したりとすることもできますが、アクセス解析の導入時から設定しておけば必要なデータが正確に出すことができます。タイムラグを防ぐことができるのが大きなメリットですね!

サイトの運用によっては必要ない項目もあるかと思いますが、必要に応じてやってみてください。

[記事公開日]2015/05/21  [最終更新日]2016/11/25