Googleアカウント作成方法

Web運営者であれば必ず取得しておきたいGoogleアカウント。

会社ホームページの管理者やブロガーなどのホームページを持っている人が使うものではなく、インターネットユーザーなら必ず取得しておきたいアカウントです。無料で作成できるGoogleアカウントを作成するとWeb担当者には必須のホームページを管理できるウェブマスターツール・Webサイトやブログのアクセスを分析できるGoogleアナリティクス・クリックされるだけでお金が手に入るGoogleAdsenceなどをはじめとして、インターネットユーザーに嬉しい10GB以上の容量を持てるGmail・スケジュール管理を簡単に出来るGoogleカレンダー・WordやExcelの代わりにもなるGoogleドキュメントなどのツールを使えるようになります。

Googleアカウントは無料で作成することができるので、まだ作成してない方はこの機会に登録してみてください。

Googleアカウントの作成方法

Googleアカウントを取得する方法は2種類ございます。

  • Gmailアカウントを同時に作成する方法
  • Gmail以外のメールアドレスを使ってGoogleアカウントを作成する方法

Googleアカウントを作成するにあたってどちらでも構わないのですが、ここではおすすめのGmailアカウントを同時に作成する方法をご紹介します。

Googleアカウント作成方法

以下の情報を入力していきましょう。

googleアカウントの入力画面

画面のナビに従って入力すれば登録完了できますが補足情報を少しだけ。

ユーザー名の入力について

ユーザー名は他の人が使っていない半角英数字を入力する必要があります。この指定したユーザー名はそのままGmailアドレスとして使われ、原則して変更はできないのでますので注意が必要です。

たとえばユーザー名に「hikarika」と入力すると、GoogleアカウントGmailは「hikarika@gmail.com」となります。

性別と生年月日の入力について

こちらは必須項目となっています。ご自身の性別と生年月日を入力してください。
また、Googleアカウントは13歳未満は作成することができませんので注意が必要です。

携帯電話と別のメールアドレスについて

必須の項目ではありませんが、入力しておくと万が一パスワードを忘れた場合などに役立ちます。パスワードを忘れてしまう可能性がある人は入力しておくことをお勧めいたします。

あとは入力画面に沿って「次のステップ」をクリックすれば完了です。もし入力に問題があったらエラーが表示されますのでエラー内容に従って修正してください。

Google-ac-purasu

「次のステップ」クリック後にエラーがでなければGoogleアカウントの作成が完了です。
一般公開のGoogle+プロフィールを作成とありますが、Google+プロフィールは後でも作成することができるので今回は「使用しない」でOKです。

Google-ac-kanryo

上記の画面がでればGoogleアカウントの作成は完了です。

以上でGoogleアカウントの作成方法は終了いたします。作成したGoogleアカウントを使って便利サービスを活用しちゃってください!

[記事公開日]2015/05/01  [最終更新日]2016/11/25