403エラー 404エラー 500エラー 503エラーなどのHTTPエラーコードの意味を知ろう

ネットサーフィンをしているときやホームページを編集しているときに時折見かけるエラーコード。そのエラーコードそれぞれに意味があり、HTTPステータスコードを理解することで原因を特定することができ、解消するのに役立つことでしょう。

HTTPステータスコードとは

HTTPステータスコードは3ケタの数字で表されて、100番台から500番台まであります。WEBサイトにアクセスした時このコードがブラウザとサーバーの間でやり取りされており、なんらかのエラーになった場合に表示される数字です。

  • 100番台 リクエスト処理
  • 200番台 リクエスト受理
  • 300番台 追加処理(リダイレクト)
  • 400番台 クライアントエラー
  • 500番台 サーバーエラー

おおまかに上記のような内容に分けることができます。私たちが普段よく見るエラーコードは400番台や500番台です。

ざっくり言うと、「400番台は見る側の環境が悪い」「500番台はサーバー側が悪い」ということになります。

主なHTTPエラーのコード一覧

コード メッセージ 概要
400 Bad Request リクエストが不正(タイプミス等が考えられます)
401 Unauthorized 認証がされていない、または認証に失敗
パスワードを入れた時などに発生する
403 Forbidden アクセスを拒否
アクセス権がない
404 Not Found ファイルが見つからない
またはそのサーバーが落ちている。
405 Method Not Allowed 指定されたHTTPメソッドが許可されない
406 Not Acceptable 認められていないコンテンツ・タイプ
Acceptヘッダから判断された結果、受け入れられない内容を持っていた。
407 Proxy Authentication Required プロキシ認証が必要
408 Request Time-out リクエストがタイムアウト
409 Conflict リソースが競合
そのリクエストは現在の状態のリソースと矛盾するため完了できなかった。
410 Gone 指定されたアドレスが不明
411 Length Required Content-Lengthヘッダが必要
412 Precondition Failed リクエスト・ヘッダの指定条件が拒否
413 Request Entity Too Large リソースが大きすぎる
処理可能量より大きいリクエストのため拒否
414 Request-URI Too Large リクエストURIが大きすぎる・長すぎるため拒否
415 Unsupported Media Type サポートされていないメディア・タイプ
416 Requested Range Not Satisfiable Rangeヘッダが不正
417 Expectation Failed Expectヘッダが不正
500 Internal Server Error CGIスクリプトなどサーバ内部エラー
501 Not Implemented 必要な機能が未実装
502 Bad Gateway ゲートウェイからの不正な応答
503 Service Unavailable サービスが利用できない
504 Gateway Time-out ゲートウェイのタイムアウト
505 HTTP Version Not Supported 未サポートのHTTPバージョン

メインのエラーコードはこんな感じですね。

私もすべてを覚えているわけではありませんが覚えておいたほうが便利なエラーコードです。エラーが出るたびに検索して意味を調べるのも良いですが、ホームページ管理者であるならば以下の3点は暗記しておいたほうが良いでしょう。

  • 301リダイレクト・・・ドメイン変更時やURL変更に役立つ
  • 404エラー・・・ファイルが見つからないか、そのサーバーが落ちている場合に表示される。専用の404専用ページを作ってユーザービリティ向上を狙いましょう
  • 503エラー・・・サーバーメンテナンス時や過負荷状態でページが表示できない時に表示。記事がバズった時に瞬間アクセス数が急上昇!なんていう時に起こりがち。頻繁に出るようであればサーバーの移転を検討するべし

wordpressのようなサーバーで動くタイプのホームページを運営していると500番台のエラーも良く出るようになります。

焦らず対処すれば解決できると思いますので上記の表を参考に頑張ってみてください!

[記事公開日]2015/05/22  [最終更新日]2016/11/25