企業や店舗がブログ運営をするならWordPressで内部ブログをするべき

アクセスアップやブランド力アップのためにブログ運営は非常に効果が高くお勧めの方法です。ヒカリカもwordpressを活用してブログを更新していますし、他社様にもをwordpressを活用したブログ運営をお勧めしています。

それは本当にメリットが大きいから。

でも一言でブログ運営と言っても「外部ブログ」と「内部ブログ」とに分けることができます。それぞれ一長一短がありますので特徴をとらえて自社で取り入れるのはどちらが適しているかの判断をされてください。

内部ブログとは

内部ブログとはwordpressなどのCMSを同じドメインの下層ページとしてブログを運営するやり方です。ヒカリカも内部ブログ運営方式を採用していて、よっぽどの理由がない限りお客様にも内部ブログ運営を推奨しています。

内部ブログのメリット

  • ブログ記事1記事ずつが積み重なってサイト全体が強くなる
  • 更新するたびにページ数が増える
  • サイトの更新頻度が上がるのでクローラーの巡回速度が上がる
  • ロングテール集客が可能

内部ブログのメリットはSEO対策につながるということが1番大きな理由になります。

ブログを更新することで投稿したブログ記事はサイト内のページとして認識されますので、SEO対策に非常に有利なのです。サイト内で狙いたいキーワードを使用したブログ記事を書き続けることによって、ブログ記事だけではなくWebサイト全体が評価されるようになります。

内部ブログのデメリット

  • テーマと関係がない記事はSEOに効果がない
  • 更新頻度があくと訪問者離れの原因となる

テーマと関係ないブログ記事を書くことはWebコンサルティングの立場から言うとお勧めすることはできません。よくあるのが社長ブログやスタッフブログなどで「ただの日記」を書いてしまう場合です。SEO効果は少ないどころがデメリットとなる場合もあるので注意が必要です。

外部ブログとは

外部ブログとはlivedoorやfc2、アメブロなどの外部サービスのブログを使って運営することです。
本サイトは別ドメインで運営しているため、どんなブログ記事を書こうが本サイトには影響しないのが特徴です。

外部ブログのメリット

  • どんな内容のブログ記事を書いても本サイトには影響しない
  • テーマに関係ない記事も投稿することができる
  • お客様とコミュニケーションをとることもできる

外部ブログの1番のメリットはどんな記事を書いてもOKという点です。(外部ブログに書いた記事から被リンク的な効果は見込めますが大きな効果はありません)

どんな記事を書いても良いので、スタッフの日常や、今日食べたお昼ごはんや社員旅行の内容などを書いても構いません。お客様向けに記事を書くことでコミュニケーションの場としても活躍するでしょう。

外部ブログのデメリット

  • どんなに優れた記事を書こうがSEO効果はない
  • 無料の外部ブログには広告が入る場合がある
  • 無料の外部ブログだとデータが消される恐れがある

訪問者のための記事を書くことは効果があっても、SEO的な効果は見込めないと思ってください。

内部ブログと外部ブログまとめ

内部ブログと外部ブログそれぞれにメリット・デメリットが存在しますので、何を目的ゴールとすることでどちらを使うべきか選ぶべきだと思います。

ただ、私が外部ブログよりも内部ブログを推奨いたします。
理由としては、ブログ記事を投稿するたびにWebサイト全体が強くなりSEO効果が高くなる点です。ヒカリカでもwordpressによる内部ブログを採用しており、投稿する1記事1記事が積み重なってWebサイト全体を底上げしているのを感じます。

なにより記事を着続けることによって会社の資産となるのがうれしいです。
もし企業や店舗でブログ運営を検討されているのであれば、内部ブログを検討されてみはいかがでしょうか。

[記事公開日]2015/05/24  [最終更新日]2016/11/25