ipo

IPOで当選した株を「みずほ証券」で初値売りをする方法

ipoで当選した株を「みずほ証券」で初値売りをする方法

IPOでせっかく当選して購入申し込みをしたとしても、株は売らないことには利益になりません。

IPO投資の戦略の基本は、上場日に初値売りをすることです。

みずほ証券では前日からの売り注文はできなくて、基本的には売買開始日の朝6時からしか注文を受け付けていません。なので上場日の朝6時から朝9時までに初値売りをの手続きをする必要があります。

上場日前日の夜とかに設定できれば良いのですが、当日の朝からしか注文をすることができませんので、忘れないようにしましょう。

みずほ証券で初値売りをする手順

当ページでは「みずほ証券」の初値売りの方法を画像と合わせて解説します。

 

ログインして「お取引」から「現物売」をクリック

「お取引」ボタンをクリックすると、「現物売」のリンク先が表示されます。

当選した対象のIPO株の「売り」をクリック

必要事項を選択して確認画面をクリック

  • 売却数量:売りたい枚数(IPO当選した枚数)
  • 価格:成行を選択で初値で売ることができます。
  • 期間:当日中(成行注文の場合は当日中しか指定できません)
  • 口座区分:購入した口座を選択可能です

もし当日中に成行売却の設定をして、上場初日に初値が付かなかった場合は、改めて翌営業日も同様に初値売りの設定をしなければいけません。

当日に初値が付かなかった場合は忘れずに、翌日も初値売りの設定をしましょう。

注文内容を確認して「注文」をクリック

以上が「みずほ証券」の初値売りの設定になります。

まとめ

IPO投資は初値で売れば勝率が8割9割以上です。
初値が付いた後、さらに価格が上がることもありますが、逆に下がることもあります。その辺の見極めはとても難しいので、基本的に私はどんな状況でも初値で売却しています。

IPO投資だけをしていると年に数回しか取引しない場合もありますので、確実に上場日に初値で売却できるように参考にされてください。

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です! 夫婦で1つのブログを運営しています。ヨメは主にブログ記事を投稿し、私はサラリーマンをしながら夜な夜なブログの構築したり記事を投稿したりしています。 ブログ収入を増やしてサラリーマンを引退するのが夢。記事を読まれた方、よろしければコメントください。もれなく私が喜びます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です