wordpressにページ送りを導入した!まとめ

wordpressページ送りはユーザビリティーを上げるという意味でも必ず導入したい機能の1つとされています。

ページ送りを取り入れるにあたって大きく2つの方法があります。プラグインを使う方法functions.phpに記入する方法です。

どちらが優れているかというと優劣をつけがたいように感じますがそれぞれの導入方法を調べてみましたので参考にしてください。

ページ送りをプラグインを使って導入しよう

WP-PageNaviを導入しよう
WP-PageNavi (ページナビゲーション作成プラグイン)
すごく丁寧に書かれていておすすめ。WP-PageNaviを導入する際に参考にしたいサイトです。

ページ送りをおしゃれにカスタマイズできるWordPressプラグイン「WP-PageNavi」と「WP PageNavi Style」
それぞれの特徴と導入方法を書いているのでどのプラグインにしようかと悩んだときに見比べてみてください。

wp-pagenavi がなぜか表示されない場合
wp-pagenaviのトラブル事例。うまく設定ができない場合、解決のヒントになるかもしれません。

WordPressでページ送りを追加するプラグイン『WP Page Numbers』
WP Page Numbersの導入方法と設定を紹介しているページです。WP Page Numbersも有名なページ送りのプラグインの1つです。

functions.phpにコードを追加してページナビを追加しよう

WordPressにプラグイン無しでページネーションを設置する方法
function.phpにコピペするだけでwordpressにページ送りを追加できます。

WordPressでページナビ(ページネーション)をプラグインなしで表示する
ページ送り用のCSSも多数公開されています。こちらもコピペで導入することができるので参考になります。

諦めないで…!WordPressでページ送りがうまく行かない時の3つの対処法+究極奥義
ページ送りがうまくできない場合に読むページ。できればトラブルなく設定したいものですが、困ったときに参考にしてみるとよいかもしれません。

私が導入したwordpressのページ送りはコチラ

pagenavi-sample
WordPressにプラグイン無しでページネーションを設置する方法です。

これは便利です。本当にコピペでページナビを導入することができました。CSSもどのサイトにも違和感なく導入できるデザインなのもうれしいですね。worpdressでページナビゲーションを導入するのであればコリスさんのWordPressにプラグイン無しでページネーションを設置する方法を参考にしてみてください。

まとめ

プラグインはとても便利なものですが入れすぎるとサイトが重くなったりしてしまいます。もし自分でfunctions.phpを変更して導入できるのであればfunctions.phpのほうがよいかもしれません。

[記事公開日]2014/07/23  [最終更新日]2016/11/25