家事・育児

乳児湿疹は母乳が原因?!母親が卵除去食をやってみた効果は?(エピソード1)

乳児湿疹

こんにちは、ペギー@3児の母です。

赤ちゃんの身体にいつもと違う現象が起こると、親としてビビりますよね。

しかも、親にその原因があるかも、とか言われたらショックが大きいですよね。

三男坊の左目がレッドアイ

長男くんと次男ちゃんの水ぼうそう騒ぎがやっと落ち着き、三男坊に水ぼうそう症状が出ずによかった~と思っていたところ、三男坊に異変が!

あわせて読みたい
子どもの耳
息子たちの水ぼうそう騒動 二人が無事に保育園へ行けるようになるまでに約1か月かかりました。(ケース1)長男くん@4歳の場合こんにちは、ペギー@3男児の母です。 このたび、上の息子二人が水ぼうそうになりまして、すったもんだの1か月だった思い出を一つご紹介...
ペギー
ペギー
三男坊の左目が結膜炎のように赤くなってる!!

長男くんと次男ちゃんはダイキチさん(夫)の遺伝子をしっかりと受け継いでおり、将来の彼女に嫉妬されるくらいのパッチリ二重です。

三男坊は私の遺伝子が濃く出たらしく、きれいな奥二重です。

私も一重まぶたではないのですが、きれいな奥二重す。

見た目はしっかり一重です。

その奥二重三男坊の左目が、二日前にかわいい二重になっていたのです。

ペギー
ペギー
二とか三とか一とか…漢数字ばっかりの字面になってしまった

片目だけど、かわいいお目目になっているな~と思っていたらとんでもない!!

翌日には白目の部分が赤く充血しているではないですかっ?!

きゃー!!

気が付いたのが夕方だったこともあり、翌朝に小児科へ行くことを決めて心配な夜を過ごすことに。

ペギー
ペギー
三男坊も、目の調子が悪いからか、ほかに体調が悪いからか、二日前から寝つきが悪くぐずぐず泣いていました

機嫌は悪くないけれど抱っこしないと落ち着かない、という状態が二晩ほど続き、大人も若干疲れていたところにレッドアイ事件です。

ペギー
ペギー
まぶたも赤くはれぼったくなっていて、これ以上悪くなったらどうしよう!!

小児科へ相談に行けば、小さい子も診てもらえる眼科を紹介してくれると思い、明日は一日がかりで病院をハシゴすることになりそうだ!と覚悟を決めていました。

小児科でレッドアイを診察

翌朝になっても三男坊の左目の充血はおさまっていません。

本人はいたって機嫌はよく、おっぱいもいっぱい飲んでくれて、お腹の調子もよさそうです。

でも、左目だけがレッドアイ!!

笑った顔はかわいいけれど、痛々しいことこの上ない!!

小児科で朝いちの予約を取りつけ、いざ出発!!

「あら~まるまるしてかわいいわね~」

小児科のドクターは小さい子どもが本当に大好き。

70は超えていそうなおばちゃん先生だけれども、まだまだ現役でバリバリ働いています。

会うたびに感心します。

ペギー
ペギー
先生~この子の目がレッドアイなんです~(涙)

「あら、結膜炎になっているわね~目薬出してあげるわね~」

ペギー
ペギー
よかった~

「あら~あなた!顔もガサガサじゃないの~塗り薬も出しましょうね~」

ペギー
ペギー
 よかった~乳児湿疹も気になっていたんです~顔のガサガサがいつまでも治らなくって~ 

どうやら、眼科へのはしごは必要なさそうです。

三男坊の顔のガサガサを治すため、母親に出された指示とは

「…お母さん、今、おっぱいを飲ませてる?」

ペギー
ペギー
 はい。おっぱいだけです 

「あなた、卵を食べるのをやめてみましょうか?」

ペギー
ペギー
 はい??私?? 

「お母さんが試しに卵の完全除去食をしてみて、そうね、一週間くらい。それで症状が治まらなければ、薬を変えましょう」

ペギー
ペギー
 はい??私が卵の除去食ですか?? 

つまり、卵からのアレルギー反応を先生は疑っているのか??

「卵は何にでも入っているからねー。ハムとかソーセージとか。一週間、試しにおやめになってみてください。じゃ、一週間後にいらしてね」

レッドアイや顔のガサガサを心配してたら、まさかの母親が卵を食べちゃダメ指示が出るなんて~!!

卵は意外に何にでも入っています

長男くんがもっと小さいときに卵アレルギーがあり、そのときから加工食品の材料欄を見るクセがついています。

その時に初めて知ったのですが、卵って意外に何にでも入っているんです。

今では、アレルギー除去の食品も種類が豊富で、味にも全然違和感がありません。

一般の加工食品も、気を付けていれば卵を避けて口にすることもできます。

便利な世の中にはなりましたが、アレルギーの子をもつ親御さんは本当に大変です。

命にかかわりますからね。

おかげさまで、長男くんの卵アレルギーは改善することができました。

一生アレルギーになるかと思っていたので、心から喜びました。

三男坊のアレルギー騒ぎ勃発

そんな中、三男坊のアレルギー騒ぎ(疑い)が勃発!

ペギー
ペギー
 私の食生活が原因か?!私が悪いのか?! 

自分を責めている場合ではありません。

まだアレルギーと決まったわけではありませんし、一過性のものかもしれません。

でも、もし、また卵アレルギーやその他のアレルギーがあるかもと思うと心配で心配で仕方ありません

ただいま、一週間の母親卵除去食中です。

三男坊の顔のガサガサが治ってきています。塗り薬の効果か、卵除去の効果かはまだ分かりません。

レッドアイも改善しました。

顔がきれいになってきたので、笑うと赤ちゃんらしくってとってもかわいいです。

寝起きに顔をひっかくクセがあり、顔が傷だらけで痛々しかったので、寝ているときにミトンをつけてみました。

起きているときでも、顔を明らかにひっかいているときはミトンをつけました。

まずは傷を治さないとと思いましたので、治療の一環として。

ミトンは新生児の時期でとどめるべきものです。手の動きが活発になる3~4か月ころは、手からの刺激でさまざまな経験をしています。

刺激を遮断させてしまうと赤ちゃんにもよくないので、ミトンは寝ている時以外は外した方がよいそうです。

ミトンの効果があったのか、顔の傷が治ってきました。

これで、いかに頻繁に顔をひっかいていたのかが分かりました。

  • 母親の卵除去食
  • 塗り薬
  • ミトンの一時装着

三男坊の顔のガサガサが治まり、今ではザラザラぐらいにまで回復しました。

しばらく後にどうなるのか、またご報告します。

ABOUT ME
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)です。
10年以上、塾の講師として働いていました。幼児から中学生までの子どもたちと接してきた時間は私の貴重な宝物です。こどもたちの可能性は無限大!!
3男児の母となった今、育児に奔走する自分をブログにつづりつつ、これまでの先生としての経験が誰かのお役に立てればいいなと思いブログの更新をがんばっていきます。

ペギーのプロフィールペギーが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です