blog

ブログの写真から簡単に自宅を特定できるよ!Exifには気を付けてね

Exifを見ればブログにアップロードした写真から住所を特定されるかも

ブログ投稿でスマホやデジカメで撮影した写真をアップロードしていませんか?
楽しいブログ運営には正しい知識が必要ですよ。

こんにちは、ダイキチです。

実は写真には撮影日時だけではなく、撮影した場所なども自動的に保存されています。写真を見ただけでは見ることはできませんが、位置情報は簡単に見ることができますし、専用のソフトを使えば簡単に撮影した場所なども特定することができます。

もし自宅で撮影した写真をブログにアップロードしていて、悪い人が写真を解析した場合、自宅を特定されてしまうケースも考えられます。

自宅を特定されてしまうことによって思わぬ事態に発展する可能性もあるので、ブログ運営のためには正しい知識と正しい対処が必要になってきます。

Exifデータとは

スマホやデジカメで撮影した写真にはExifデータと呼ばれる位置情報をはじめとした様々な情報を埋め込まれています。

Exifに含まれる情報

  • 撮影した日時
  • カメラの種類
  • 絞り地
  • 画素数
  • ISO感度
  • 位置情報
  • 著作権者など

特に注意したいのは位置情報ですね!
もし何も対策せずにブログに写真をアップロードすれば個人情報が簡単に漏れてしまいます。特に女性のブログ運営者にとっては非常に危険です。

スマホやデジカメの設定で位置情報(GPS機能)をオフにすれば位置情報は記録されません。ですが、多くの場合知らずに位置情報をオンにしていたり、初期設定で位置情報がオンになっています。

ただの一枚の写真からこれだけの情報を得ることができます。
位置情報がわかれば自宅を特定することもできますし、位置情報と撮影日時がわかればアリバイ工作も見破られてしまうかもしれません。

特にwordpressを使って写真をアップロードしている場合、情報がダダ漏れの場合がありますので今一度設定を確認する必要があります。

Exifの確認方法

Exifの確認方法はとっても簡単!
専用のソフトを使わなくても、対象のファイルを右クリックして「プロパティ」をクリック。

「詳細」タブをクリックしてスクロールすれば見れます。

exifの確認方法

赤枠の「GPS」の情報で位置情報が正確に分かります。
便利な機能ではあるのですが、怖い機能でもありますね。

ちなみにこのGPSの数字をGoogleマップや位置情報を調べるサイトなどに入力すると正確な場所を示してくれますよ。

芸能人の自宅がばれたりするのはこの写真に含まれるGPSが原因だったりします。

 

逆を言えば、位置情報や撮影日時さえ偽装してしまえば事実とは異なる情報を流すことも可能です。

わざわざ情報を偽装しようなんて人は少ないかと思うのでこのページでは割愛しますが、まずはExifに関する正しい知識を身に付けることから始めましょう。

ブログの写真投稿は特に注意

Exifの情報をきっかけにトラブルになってしまうケースもありますが、主要ブログサービスでは自動的に位置情報を削除しているので大丈夫です。

削除が確認できたブログサービス

  • はてなブログ(はてなブログから写真を投稿した画像のみ削除)
  • アメブロ
  • Yahooブログ

wordpressの場合は、初期設定では写真の位置情報は削除されません!
アップロードと同時に自動で位置情報を削除してくれる素敵なプラグイン「EWWW Image Optimizer」がありますので、使うことをお勧めします。

ちなみにこのブログは「EWWW Image Optimizer」のプラグインを使って位置情報などを消しています。

位置情報を消すだけじゃなくて、画像容量も縮小してくれるので非常に使い勝手の良いプラグインです。

主要SNSは位置情報は削除されているので特定の心配なし

削除が確認できたSNSサービス

  • Twiiter
  • Facebook
  • Instagram
  • mixi
  • LINE

SNSでは写真をアップロードすると同時に位置情報を削除してくれるので安心です。SNSでは画像アップロードすることが多いので記事を読んで心配された方もいるかもしれませんが、位置情報は削除されているので安心してください。

写真の撮影時にExifで位置情報を保存させない方法

位置情報を記録することはとても良いことなので私は保存していたいタイプの人間ですが、位置情報を記録しなくても良いと思っている人にとっては邪魔な設定ですよね。

主要ブログや主要SNSで位置情報が削除されているけど、万が一を考えて予め削除しておくことも防衛策として必要かもしれません。

iPhoneの設定
設定 → プライバシー → 位置情報サービス → OFF

アプリごとに位置情報を記録しない設定
設定 → プライバシー → 位置情報を記録したくないアプリを選択する → 許可しない

このようにしておくだけでiphone撮影時に位置情報は記録されませんので、安心してブログだったりSNSに画像を投稿できます。

位置情報の削除方法

画像編集ソフトを使って位置情報を消す

たとえばPhotoshopの画像編集ソフトなら「WEB用に書き出し」をすれば位置情報は消えます。画像容量も少なくなって位置情報も消せるので便利です。

ペイントなどのフリーソフトでも写真サイズなどを何か少し変更して名前を付けて保存しなおせば位置情報は消すことができます。

スマホアプリで削除する

iPhoneだとLoooksというアプリが良く使われていて便利です。
広告なしの有料版と広告なしの無料版がありますが、無料版でも十分に使えます。

他にも探せば位置情報を消すアプリはたくさんあるので探してみてください。

まとめ

スマホとSNSの流行でスマホで撮影した写真を簡単にアップロードできる時代になりました。でも技術の発展で個人情報を簡単に見抜くための技術も発展しています。

SNSで写真をアップロードするだけであれば問題はありませんがブログ(特にwordpress)にアップロードするときなどは注意が必要です。

私もうっかりしていて位置情報を載せたまま画像をアップロードした経験もあります。WEB屋になって10年以上もキャリアがあるのに、簡単なことを忘れてしまっていました。

今後は絶対に気を付ける!という自分の戒めも含めて、今ブログ運営をしていて個人情報がダダ漏れの誰かの役に立てればと思って記事を書いています。

Exifは撮影した日時や撮影した位置情報などを記録している非常に便利なものですが、使い方を誤ったり、悪い人に悪用されてしまうとトラブルの原因になる可能性もあります。

正しい知識と正しい対処をすれば余計なトラブルに発展することはありませんので、この記事が誰かのお役に立てれば私も嬉しいです。

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です! 夫婦で1つのブログを運営しています。ヨメは主にブログ記事を投稿し、私はサラリーマンをしながら夜な夜なブログの構築したり記事を投稿したりしています。 ブログ収入を増やしてサラリーマンを引退するのが夢。記事を読まれた方、よろしければコメントください。もれなく私が喜びます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です