blog

Googleドキュメントを利用した音声入力でブログの下書きを書く

当たり前の話ですが、文字を入力するのはパソコンでキーボードをカチカチ叩いて文字を打ったり、スマホで文字入力したりするのが一般的ですが、今、音声入力でのブログ投稿が静かに流行り始めています。

実際に私も音声入力を利用してブログを書いてみることにしました。このブログ記事も音声入力を利用して書いてます。

どうですか?
普通のブログ文章に見えるかと思います。

このブログ記事もそうですが、いくつか音声入力でブログ記事を作ってみたので私が感じたメリットデメリットをいくつかお伝えします。

音声入力のメリット

  • キーボードをたたかなくてよい
  • 頭の中で思いついたことをしゃべるだけで記事ができる
  • キーボードをたたくより、しゃべるほうが文字入力が早い
  • 歩きながらでもブログ記事を書くことができる

私が感じる音声入力のメリットとしては上記の通りです。

中でも最大のメリットととしてはキーボードをたたかなくても文字を打つことができるという点ではないでしょうか。

パソコンのキーボードを使って文字入力をするには椅子に座らなくてはいけませんが、スマホを利用した音声入力であれば、寝っ転がりながら、お風呂に入りながら、歩きながらや逆立ちしながらでも喋るだけで文字を入力することができます。

私はキーボードを打つのがとても早いと自負しています。
ですが、やっぱり喋るほうが早いです。

キーボードを入力するのに特にストレスはなかったのですが、これからは音声入力でブログ記事も作っていきたいという意味も込めて音声入力を練習しています。
頑張って喋っています。

音声入力のデメリット

  • 音声の聞き取りが完ぺきではないので誤変換が多い。
  • 喋っていると喉がカラカラになる。
  • 場所によっては喋るときに恥ずかしい

デメリットとしてはこんな感じですかね。

音声入力の聞き取りの精度が向上したとはいえ、まだまだ日本語の聞き取りは完ぺきではありません。よく誤変換をしています。

それでもなかなかの精度なので十分にブログ記事に使うことができました。さすがにそのままブログ投稿することはできませんので、まずは音声入力で下書きを書いてから、改めて清書しています。

少しばかり手間に感じますが、下書きがあるだけでブログ更新が格段に楽になりました。

あとは喋っていると喉がカラカラになるのは仕方がないことだと割り切っています(笑

スマホで簡単!音声入力のやり方

音声入力のやり方はいろいろとありますが、今回はGoogleドキュメントを利用した無料の音声入力のやり方をご紹介します。

 

 

まず、Googleドキュメントを利用したいのでGoogleドキュメントのアプリを起動します。(Googleドキュメントがない場合はインストールから始めてください)

画面右下の「新規ドキュメント」の赤いボタンをクリックします。

音声入力のボタンをクリックします。

表示されたマイクボタンをクリックすることで音声入力がスタートされます。
たったこれだけで音声入力ができるなんてすごいですよね!

で、出来上がったのが上記の画像の通りになります。

見てわかる通り、かなり誤変換や聞き取り間違えをしています。ですが思った以上に聞き取ってくれているのが見て取れます。

すごいですね。
時代はここまで進化しているのですよ。

Googleドキュメントの音声入力では、句読点を打つこともできないし、改行をすることもできません。変な半角スペースも入力されています。

ですが、いろいろと調べた結果、現時点で一番優れている音声入力システムはこのGoogleドキュメントではないかと私は思います。

私は外出時に歩きながらスマホに話しかけているのですが、車の通る音や虫の鳴き声、工事の音やその他雑音は音声として認識されません。
「えー」や「あー」などの音声も無視してくれます。

無料なのも嬉しいですね!

まとめ

まだまだ完ぺきではない音声入力ですが、それでもブログの下書きとしては十分に活用することができます。

誤変換や聞き取り間違えをしていても当日に修正編集すれば意外に自分で思い出せます。デジタルデータなので修正も簡単です。

ブログ更新で音声認識に興味あるならばぜひ試してみてください。
きっとブログ更新が楽になりますよ!

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です! 夫婦で1つのブログを運営しています。ヨメは主にブログ記事を投稿し、私はサラリーマンをしながら夜な夜なブログの構築したり記事を投稿したりしています。 ブログ収入を増やしてサラリーマンを引退するのが夢。記事を読まれた方、よろしければコメントください。もれなく私が喜びます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です