wordpressのthe_contentタグの使い方とトラブル事例

ビジネスサイトから個人サイトまで幅広く使われているwordpress。ブログ集客を行うことができるので注目を改めて注目を集めているwordpressですが、サイトを構築するには少し専門的な知識が必要です。

HTMLサイトであればコーディングができるという方も多いですが、wordpressにはphpというプログラム言語を使うので素人には少しハードルが高いというデメリットがあります。当ページではwordpressを構築していく中で必ず使うthe content について説明いたします。

上手く表示されないトラブルや困ったことなども書いていきますので、困ったときの参考にしてみてください。

the_contentとは

投稿画面で入力した文章を表示するタグです。

<?php the_content(); ?>

と書くだけで表示されるので簡単ですよね。

the_content();の使い方参考

<div id="content">
	<?php if(have_posts()): ?>
    <?php while(have_posts()): the_post(); ?>
    <div class="post-tit">
        <h1><?php the_title(); ?></h1>
    </div>
    <div class="post">
        <?php the_content(); ?>
        <?php endwhile; ?>
        <?php else: ?>
        <!--  投稿記事がなかった場合の処理 -->
        <p>お探しの記事は見つかりませんでした。<br />
        <br />
        <a href="<?php echo home_url('/'); ?>">トップページに戻る</a></p>
        <?php endif; ?>
    </div>
</div>


single.phpやpage.phpなどの固定ページに入力しましょう。
投稿記事に書いたタイトルと本文が表示されるようになります。

カテゴリーやアーカイブページに使いたいときは

カテゴリーページやアーカイブページなどでは記事本文を全部表示ではなく、一部だけを表示させたいケースもあると思います。その時はthe contentの代わりに「the excerpt」タグを使いましょう。

<?php the_excerpt(); ?> 

the_excerptタグでは投稿記事画面の「抜粋」に入れた文章を表示します。もし抜粋が空っぽの場合は本文の先頭から記事を自動的に表示してくれるので便利です。

wordpress the_contentのトラブル事例

固定ページでwordpress the_contentが表示されない

WordPress の固定ページのテンプレートに the_content() を書いたが動作しない:解決
the_contentを書く場所に問題があった!「while」の中に入力してあるかをチェック!

【WordPress】the_content();で記事本文が出力されない時の対処法
the_content();を使わずに表現することでトラブル回避!

wordpress the_content記事の文字数制限をして表示の方法

wordpress 記事の文字数制限をして表示
WordPressで記事の内容を表示させたい時に使いたい

WordPress 記事一覧ページで記事の文字数を制限する
index.phpを編集して文字数制限を設ける方法

【WP】記事のタイトル、本文の文字数制限をして表示
function.phpに記述して文字制限を書ける方法

the_contentのpタグの削除方法

過去記事より参照。function.php、テンプレートのコードを編集、プラグインを使って自動挿入されるPタグをなくす等お好きな方法でpタグを削除してください。

以上、the_contentタグの使い方とトラブル事例でした!

[記事公開日]2015/04/28  [最終更新日]2016/11/25