diary

フォームのinputタグをsizeで指定せずに幅を指定したい

ずいぶんお久しぶりな更新になりました。
更新したい気持ちは満々なのですが、
忙しさもあって腰が重たい状態が続いていました。

とりあえず自分が忘れないためにメモとしてブログを書いています。

私、WEB屋さんになって2年以上経つのですが、
formのinputタグをsizeで指定してトラブルが起きました。
こんな初歩的なことで躓いてしまったことが恥ずかしいのですが、
同じ間違えを起こさないために気をつけていきたいと思います。

通常であれば、

1

なんて、記述している人が大多数だと思います!私もそうでした!

確かに上記の方法でもサイズを指定することができるのですが、
ブラウザによってフォームの大きさが変わってくるので注意が必要です。

この「size=”30″」というのは半角英数字が30文字収まるサイズとなっています。

この半角英数字の文字数というのがやっかいなもので、
Internet ExplorerやFirefoxでもサイズが変わってきますし、
windowsかmacかでもサイズが変わってきます。
多くのWEBサイトが採用しているサイズ指定ですがお勧めできません。

よく入力フォームが表示より飛び出ているサイトを見かけますが、
これはsizeで指定しているのが原因と言えます。

誰でも同じ環境で見るためにCSSで指定してあげましょう!

CSSでの指定の仕方は簡単で、

1

直接、ピクセル単位で指定するのも良いですし、
テーブルなどでサイズが決まっていればパーセントで指定するのもOKです。

せっかくお問合せフォームまで導いた訪問客を、
フォームの書式が崩れていたからという理由で逃してしまわないよう、
CSS指定して少しでも離脱率を防ぐように努めましょう!

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です