Webコンサルティング

質の悪いブログ記事をアクセス解析をもとにメンテナンス

aa4
せっかく書いたブログ記事、無駄にはしたくない・・・

ブログ記事を増やし続ければアクセス数が増えると思って、頻繁に更新しているという人を多く見かけますが、質の悪いブログ記事を何百ページ作ろうがアクセスアップをすることは難しいことを伝えさせていただきます。

ブログ記事を増やせば良い!という考え方はブログ開設したばかりなら良いのですが、質の悪いブログ記事を増やすのではなく質の良いページをたくさん増やしていくことを心がけましょう。ブログ記事の更新が目的となってしまっては、ブログを更新することも苦痛になり自然と質の悪い記事になってしまいます。質の悪いページはユーザーも満足しないし、更新する側にも負担がかかりますので注意が必要です。

ブログ記事を増やすことも大切なのですが、ブログにアクセスしてくれるユーザー・リピーターのためにも質の良いブログ記事を書いていきましょう。

質の良いブログ記事・質の悪いブログ記事はどうやって判断すれば良いのかは悩むところですが、Googleアナリティクスを活用すれば見えてくるものがあります。滞在時間や直帰率なども項目を見ても判断することはできますが、まずはランディングページに注目して解析してみましょう。

yoiko
良い子のみんな!
質の良いページをたくさん作ってアクセスアップを狙っていこう!Googleアナリティクスを活用した質の悪いページの見つけ方も教えるので参考にするといいぞ!

ブログの入り口となるランディングページ

ランディングページとは訪問者が一番最初に訪れるページのことを指します。

多くの方がランディングページはサイトのトップページと思っていますが、そうではありません。むしろトップページ以外からのページがランディングページになるケースのほうが多いぐらいです。ブログのトップページだけでは狙えるキーワードに限りがありますが、ブログ記事は1ページ1キーワードを狙って更新していくため、ブログ記事の数だけランディングページが生まれるようになります。

ga-landing-wariai

上記は私が運営しているブログ集客を実践しているサイトなのですが、トップページよりも他のブログ記事ページのほうが多くのアクセス数を稼いでいます。ブログの投稿数は191件なので、多くのブログ記事がランディングページとしてアクセス数を集めてくれているという結果になりました。

ブログ記事を書けば書くだけランディングページが増えるのでアクセスアップするためにはブログ記事を多く投稿すると良いでしょう。しかしあくまで質が良いページを増やすことが大切なので、何度も言いますが1ページ1キーワードをテーマにした記事を書いていくことを強く推奨いたします。

ランディングページとなるブログ記事を作ることが大事!

yaruo2

質の良いブログ記事を書けばランディングページとしてサイトの資産になりますが、質の悪いページではランディングページにならず、意味のないものになってしまう可能性があります。

ブログ記事は検索エンジンで検索された際やSNSなどでシェアされるので、ブログ記事に直接アクセスを行います。検索エンジンにも評価されず、SNSで共有したいとも思われないページには価値がないのです。

ブログ記事を書くだけではアクセス数が増えない理由はランディングページとして価値がないのが大きな原因です。特に検索エンジンに評価されれば継続的なアクセス数が見込めるので、是非狙っていきたいところです。

ブログ記事数は多ければ多いだけブログを見られる入り口が広がるためアクセス数は伸びます。10記事よりも100記事あったほうがアクセス数は増えるでしょうし、100記事よりも500記事あるほうがアクセス数は増えるでしょう。

質の良いページを作り続ければ決して難しい数値ではありません。
しかし、質の良いページか質の悪いページかを判断するのは難しいため、アクセス解析を利用して判別していきます。質の悪いページを価値があるページに変えることができれば、ブログを書いた労力を無駄にせずに効率よくアクセス数を増やすこともできます。

Googleアナリティクスでランディングページを調べよう

ブログのアクセスアップをするためには過去記事のメンテナンスも大事です。

過去記事のメンテナンスをすることの重要性は理解できても、どの過去記事のメンテナンスをすれば良いのかわかりませんよね。メンテナンスすべきページを見つける方法はたくさんあるのですが、今回はランディングページに焦点を当ててみてみましょう。

アクセス解析を使えば簡単に質の悪いページ・価値がないページを分析することができますので、アクセスアップに役立ててください。新規ページを作り続けることだけがアクセスアップの方法ではありません。過去のブログ記事をメンテナンスすることでさらにアクセス数を増やすことだって可能です。

質の良いページをもっと良くしよう

ga-landing

Googleアナリティクスのサイドバーにある「行動」をクリックし、「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」の順番にクリックしてください。

ga-landing-mondai

直帰率と平均セッション時間に注目して問題がありそうなページを探していきます。
全体の平均直帰率と平均セッション時間を見てから数値が悪いページを探して、対象URLをクリックしましょう。

ga-keyword

「プライマリディメンション」の「キーワード」をクリックして、対象ページがどのようなキーワードで検索されているかを確認いたします。(not provided)に関しては計測することができないので思い切って無視します。

一覧で表示されるキーワードを実際に検索エンジンで調べてみてください。
おそらく1位~10位以内にページが表示されると思います。1位であれば問題ありませんが、2位以下の場合、適切なSEO対策を行えば上位を狙える可能性がございます。

  • titleタグに検索キーワードは含まれているか
  • titleタグに28文字以内で検索キーワードが2個~3個含まれているか
  • 狙いたい検索キーワードはタイトルの最初にあるか
  • h1タグに検索キーワードを含んでいるか
  • descriptionタグでクリックしたくなるような文章に出来るか
  • ページ内に検索キーワード自然な感じで増やせないか
  • 検索キーワードが入ったブログだと一目で理解できるか(画像や見出しなど)
  • 関連するページに内部リンクを張ることはできないか

などのメンテナンスをしてあげることでさらなる順位上昇が見込めます。極端に直帰率や平均セッション時間が少ない場合は、検索キーワードが入ったブログ記事だと訪問客に理解してもらってない可能性や、ページの内容と検索キーワードがかみ合ってない可能性がありますので早急にメンテナンスが必要です

※1ページ1キーワードが基本なので、キーワードを欲張りすぎるとページの内容がぶれてしまいます。メインのキーワードに対象を絞って、残りのキーワードはロングテールとしてプラスアルファーのアクセスだと割り切ってしまうことをお勧めいたします。

質の悪いページを発見して改善する!

上記の改善方法は良いページをもっと良くしよう!という方法です。
悪いページも同様にアクセス解析で発見して手を加えていきましょう。

ga-landing

こちらも同様にGoogleアナリティクスのサイドバーにある「行動」をクリックし、「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」の順番にクリックしてください。手順は一緒です。

ga-taisyo-url

「セッション数」をクリックすることで昇順・降順を切り替えることができます。ここではセッション数の少ないランディングページとして機能していないページを見つけることが目的なので、セッション数が少ない順に切り替えます。

セッション数の少ない順に並び替えると良くわからない長ったらしいURLが表示されますが無視してください。
自分のブログのURLをクリックしてください。

ga-keyword-fumei

アクセス数の多いページであれば問題ないのですが、アクセス数の少ないページだと(not provided)と表示されているので、どんなキーワードで検索されたかわかりません。

このページは狙っていたキーワードでの上位表示がされていないためアクセス数がありません。タイトルタグやh1タグを修正してSEO対策をしていくことも可能なのですが、非常に時間がかかってしまいます。

ga-kikan

私がいつもやっている方法なのですが、1か月単位だとアクセス数が少なすぎて判別ができないので、3ヶ月間や6か月間・1年間など期間を増やしてみます。

ga-kikan-kewword

すると検索キーワードが表示されます。
1か月単位で拾いきれなかった検索キーワードです。

検索キーワードが判別できたら実際に検索エンジンで順位を確認してください。
狙ったキーワードで上位表示できていますか?狙ったキーワードとは別の検索キーワードではありませんか?

検索キーワードが1位から10位であれば検索ボリューム自体が少ないので中途半端に改善するよりも何もしなくても良いかもしれません。新しくページを作ったほうが早いです。

ただ10位以下であれば改善の余地はあります。
先ほど紹介した方法でページを確認してみてください。

  • titleタグに検索キーワードは含まれているか
  • titleタグに28文字以内で検索キーワードが2個~3個含まれているか
  • 狙いたい検索キーワードはタイトルの最初にあるか
  • h1タグに検索キーワードを含んでいるか
  • descriptionタグでクリックしたくなるような文章に出来るか
  • ページ内に検索キーワード自然な感じで増やせないか
  • 検索キーワードが入ったブログだと一目で理解できるか(画像や見出しなど)
  • 関連するページに内部リンクを張ることはできないか

そもそも狙ったキーワードではないキーワードで上位表示できていたら、狙ったキーワードはあきらめて今上位表示できているキーワードでページを最適化してみてください。

今回上位表示できなかったキーワードはブログ記事が増えて、アクセス数が増えてきた段階で再挑戦して記事を書いてみましょう。上手くいく可能性が高いですよ!

過去のブログ記事メンテナンスまとめ

過去は振り返らずに新しくページを作り続けていく方法もあります。新しくページを作り続けていくことも運営方法の1つです。

ただ自分が頑張って作った記事なので眠ったままにしてあげるのはかわいそうです。少しのきっかけでアクセス数を稼いでくれる記事になることだってありますので、私は過去記事のメンテナンスを定期的に行っています。

問題あるページを見つけるのは少し手間ですが、良い記事をもっと良くして、質の悪いページを改善する!このPDCAを回すことができればブログのアクセス数アップも決して難しくありません。

ブログのアクセスアップでお悩みなら是非やってみてください!

l5473
結果が出るまで時間がかかるので対策が終わったら寝て待ちましょう!
ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

POSTED COMMENT

  1. […] 質の悪いブログ記事をアクセス解析をもとにメンテナンス […]

  2. […] 質が悪いページはアクセス解析を分析して改善する方法もございます。 質の悪いブログ記事をアクセス解析をもとにメンテナンス […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です