DMM.com証券は2019年にIPO取り扱いを開始した話題の証券会社

DMM.com証券のIPOルールと攻略法
ペギー
ペギー
DMM.comがIPOの取り扱いがスタートしたね
ダイキチ
ダイキチ
IPO取扱いが開始したばかりだからライバルが少なく狙い目かもね

FXで有名なDMM.com証券は2019年からIPOの取り扱いを開始しました。新規参入したばかりでIPOの取扱い数は少ないのですが、今後の発展を期待して口座開設をされてみてはいかがでしょうか。

事前入金の必要もなく完全平等抽選を採用しているDMM.com証券は、その圧倒的な条件の良さから今後口座開設数は増えると予想できます。口座開設数が増えればライバルが多くて当選が困難になりますので早めの口座開設が良いのかもしれません。

そんな2019年にIPOを取扱い開始した注目のDMM.com証券のIPO条件を調べましたのでご紹介させていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

ペギー
ペギー
わくわく

DMM.com証券のIPOルールと特徴

  • 事前入金なし。資金0円でIPOに申し込み可能
  • 1人1票の完全平等抽選
  • IPO取り扱い実績なし
  • 2019年からIPO取扱いスタートなので口座保有集が少ない
  • 未成年口座の開設可能

2019年にIPOの取り扱いを開始したばかりということで実績がないというのが正直なところですが確認している情報だけでも結構特徴がありそうな感じです。

新しい証券会社は口座開設数が少ないのでIPOで当選確率が高くなる穴場證券となることが多いです。まだライバルの少ないうちが当選のチャンスになりますので、きちんとDMM.com証券の特徴をつかんで当選を勝ち取ってください。

事前入金なし。資金0円でIPOに申し込み可能

DMM.comの最大の特徴としては資金0円でIPOに申し込むことができるということだと思います。

他にも資金0円でIPOに申し込める証券会社もありますが、こういった資金0円の証券会社をどれだけ開設していて応募できるかがIPO投資に必要になってきます。

資金O円で申し込みができる証券会社

最近では資金0円でIPO申し込みができる証券会社が増えてきましたね。資金が豊富にあるIPO投資家にとっては当選確率が上がるので嬉しくないと思いますが、投資資金が限られる投資家にとっては非常に助かりますね。

3月や12月のIPOラッシュでも資金繰りに苦労することなく申し込みをできるというのは嬉しいですよね。ほんとそれだけでDMM.com証券の口座を開設する価値があると私は思います。

ペギー
ペギー
資金繰りは大変だからね><

ちなみに当選した場合の入金タイミングは購入申し込み時までです。
なお、購入も仕込み手続きは電話で行う必要があります。

当選してから資金を移せばよいので苦労せずに済みそうです。

1人1票の完全平等抽選

DMM.com証券は1人1票の完全平等抽選を行ってくれます。乱数を用いた機械的な抽選になるので誰にでも平等にチャンスがあります。

多くの証券会社は支払った手数料や預けた金額によって当選確率が上がったりするのですが、DMM.com証券は関係ありません。誰にでも平等に当選チャンスがあります。

資金量の限られる個人投資家にとって非常に嬉しい抽選システムと言えます。

2019年からIPO取扱いスタートなので口座保有集が少ない

DMM.com証券は2019年に初めてIPOの取り扱いをスタートした後発組のIPO証券会社です。ゆえに口座開設者数が少ないと予想できます。

具体的な口座開設数は公表されてないのでわからないのですが、SBI証券や楽天証券などの大手ネット証券会社と比べても口座開設数は圧倒的に少ないでしょう。

口座開設者が少ないということはIPOに参加する人が少ないという意味と同じ意味です。ライバルが少ないので当選する可能性は高いと思いますよ。

口座開設する人が増えればこのメリットの恩恵は受けれないので、早めに口座開設してIPOに申し込むと少しだけ当選確率が上がりますよ。口座開設者数が少ないうちがチャンスです!!

IPO取り扱いは無い

上場年 主幹事件数 幹事数
2018年 0件 0件

2019年からIPOの取り扱いを開始しただけあってまだIPO取り扱い数はありません。が、おそらく今後は増えていくとは思います。

DMM.comは委託幹事として取り扱われそうです

他の委託幹事としては「岡三オンライン証券」や「カブドットコム証券」などが有名ですが、この2社は「岡三証券」や「三菱UFJモルガンスタンレー証券」などの親会社が主幹事を務めたときに委託幹事として名乗りを上げます。

それを比べてるとDMM.com証券は親会社がないため、委託幹事としての取り扱いは少ないかもしれませんね。

基本的には委託幹事中心の取り扱いになると思いますので当選の確率はかなり低いかもしれませんね。今のままの条件だと一生のうちに1回当たればいいほうかもしれません。

ペギー
ペギー
取り扱い幹事が少ないので最大のデメリットかな

未成年口座の開設可能

DMM.com証券では未成年口座の開設も可能です。

資金0円で申し込みもできますし、1人1票の完全平等抽選システムなので家族に未成年がいれば申し込んで応募すれば少しは当選する可能性が高まりますね。

まとめ

まだIPOの取り扱いを開始したばかりで実績はありませんが、今後が楽しみな証券会社ですね。資金不要で完全平等抽選は最高の条件ですね!!

幹事入りすることも少ないし当選配分も少ないので当選の可能性は限りなく低いのですが、地道にコツコツと応募すればいつかは当選できるかもしれません。地道な努力が当選への第一歩です。

ペギー
ペギー
穴場證券で当選を狙っちゃおう!
ダイキチ
ダイキチ
ライバルが少ないうちにサクッと当選させたいね