diary

外遊びの定番アイテム! 5歳児と公園で遊ぶにはドッチビーが良いかもしれない

ドッチビーで外遊び

うちでは子どもと遊びに行くのに公園に行くことが多いです。公園だとお金もかからないし、子どもたちも楽しそうに遊んでくれるので助かっています。

なにより運動して疲れてくれるので夜の寝つきが良くなるのが嬉しいですね。

 

5歳児ともなると公園で1人で勝手に遊んでくれるようになりますが、長時間1人では遊べないので親が一緒に遊んでやることも大事みたいです。

5歳児と2歳児の兄弟は一緒に遊ぶことは難しいみたいですね笑

 

ってことで、子どもと一緒に遊ぶにはどんな商品があるのかなーって思っていろいろ調べた結果、ドッチビーという商品を見つけたので早速購入して遊んできました。

ドッチビーとは

ドッチビーとはドッチビーって結構有名で公式大会が開かれるほどらしいですね。

簡単に説明すると「柔らかいフリスビー」みたいな感じです。とっても柔らかい素材でできているので当たっても痛くないことが特徴です。

よくよく思い返してみると公園で遊んでいる人もよく見かけていたように思います。それまでドッチビーの存在を知らなかった私はただのフリスビーだと思っていたのですが、どうやらドッチビーだったみたいです。

結構多くの人が子どもと遊んでいるようですね。

 

ドッチビーを曲げてみる

この柔らかい素材が分かりますでしょうか。

少ない力で思いっきり曲がります。思いっきり曲げてもすぐに元の形に戻るので壊れる心配はありません。

 

ドッチビーを投げる5歳児とっても柔らかい素材なので遠くに飛ぶのかと不安になりますが、上手に投げれば5歳児でも遠くに飛ばすことができました。

まっすぐ遠くに投げるには少しコツがいるのですが、試行錯誤している中で上手に飛ばせるととっても喜んでいましたよ。

ドッチビーを上手に飛ばすには水平に投げることが大事です

 

水平という意味を5歳児に伝えるのは難しかったのですが、なんとか上手に投げることができるようになりましたよ。

 

まぁコツをつかむまで子どもは適当な方向に向かって投げるので、いちいち取りに行くのが大変でしたけどね!ホント、子どもよりも親のほうが運動している気がします。

ドッチビーのキャッチボールみたいな感じで相手に向かって優しく投げることで楽しく遊ぶことができます。当たっても痛くないので子どもも怖がらずにキャッチしていましたよ。

 

当たっても痛くない!というのは5歳児にとっても大事なことらしく、ボール遊びでは怖がってキャッチしてくれないのですがドッチビーだと逃げずにキャッチしてくれましたよ。地面も芝生なので転んでも痛くないのでホント楽しそうに汗をかきながら遊んでくれました。

 

途中で5歳児の子どもはドッチビーに飽きてしまったのですが、大人1人だけで楽しむこともできますよ。

投げ方と風向きによっては投げたドッチビーが自分のほうに戻ってきてくれます。それがなかなか難しくて楽しくてずっと遊んでいました。

 

今回購入したドッチビーは235サイズのものを選びました。公式大会だと270サイズを使うようでしたが、今回は幼児と遊ぶことを目的としましたので少し小さめの235サイズです。

上の写真は2歳児が手を置いていますが結構大きく見えますね。

 

ドッチビーで遊んでみた感想

晴れた日は外遊びで思いっきり汗を書いて楽しんでもらいたいという気持ちでドッチビーを購入して息子と遊んでみました。

正直、5歳児にはドッチビーは少し早すぎたかもしれないなーと思う気持ちはあるのですが、息子は楽しそうに遊んでいたので良かったと思います。

 

家の中でテレビを見せて大人しくさせているほうが楽ではあるのですが、子どものためにも体を使って遊ばせたほうがよいだろうと思っているので、できるだけ外遊びをするようにしています。

子どもは遊べれば何でも良いみたいですが、大人はいつも同じ遊びだと飽きちゃいますよね。そんな時はドッチビーで遊んでみてはいかがでしょうか。

価格も1000円~2000円程度で購入できるのでオススメですよ。折り曲げても踏んでも壊れないので長く使い続けることが出来そうです。

ぜひお試しあれ!

 

 

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です