大好き福岡

福岡市動物園 快適な授乳室が赤ちゃん連れにうれしい!お弁当を持ち込んで1日中楽しもう!

赤ちゃんルーム

こんにちは、夫婦ブロガーのペギー@3男児の母です。

福岡市動物園の「ランチエリア」や「授乳室」が進化していてビックリ!!

 

ペギー
ペギー
老舗の動物園に近未来的な建物が出現してるー!!ズーラボって何??

 

今回は、久しぶりの福岡市動物園です。(福岡市中央区)

何度かお邪魔している福岡市動物園です。数年前にリニューアルしたのは知っていましたが、その後もリニューアルを続けていたとは知らず、突然現れた近未来的な建物に圧倒されてしまった気持ちをリポートします。

参考福岡市動物園公式HP

進化し続ける福岡市動物園 今も進化の途中なのか?

福岡市動物園の公式ホームページをのぞいてみると、リニューアル計画は20年かけての一大事業のようですね。

参考福岡市動物園公式HP リニューアル(福岡市動植物園再生事業)

ペギー
ペギー
どうりで、いつまでも工事をやっているなーと思っていたら、そういうことだったのね

突然現れた近未来的建物にビビる

よく見知った動物園内を散策していると、突然現れた近未来的な建物。

コンクリート打ちっぱなし的なデザインの建物、小さな木が植えられている中庭のような空間、どっかのオープンカフェのようなテーブルエリア…

ペギー
ペギー
なんじゃこりゃー??

 

あれ??木製のテーブルやイスが並んでいたあの場所は?お土産物を売っている売店があって、ゴリラの石造の写真スポットがあった場所は??

ペギー
ペギー
たしか、この辺だったはずだけどー???

 

事前にチェックしていかなかったため、リニューアル後の姿にビビりまくる私とダイキチさん(夫)。昔のおもかげを懸命に探すが見当たらず…

「なんかひろーい!!きゃっきゃっ(*´▽`*)」と息子たちは大はしゃぎです。

 

ペギー
ペギー
あっちの建物にあるズーラボって何??

 

動物情報館ZooLab(ズーラボ)で近未来のデジタル動物園気分を味わう…前に、骨格標本にくぎ付けになってしまった

キリン標本 骨標本
ペギー
ペギー
なんじゃこりゃー!!

 

生きている動物たちを堪能しに来たのに、骨の標本に遭遇してしまったときの衝撃は言葉ではいい表せません。

しかも、この建物の中は暖房がしっかりめに効いていて、コートで突入すると暑いくらいです(汗)

 

骨格標本が展示されている暖房しっかりめのこの建物は、2018年10月20日(土)にオープンした福岡市動物園の新しいエントランス施設

動物情報館ZooLab(ズーラボ)

というらしい。

参考動物情報館ZooLab(ズーラボ)

 

福岡市動物園20か年のリニューアル計画の企画の一部で、「最新のデジタル技術を使って動物の生態などを学べる」をテーマに作られたそうです。

園内マップが立体になったものや、画面に動物のキャラクターが登場してくる「ズーチューバー」などがあり、子どもから大人まで楽しみながら動物の生態について学べるようになっています。

ペギー
ペギー
ズーチューバー??なんだそりゃ??

 

ズーラボの建物内は大きく2つのエリアに分かれています。

  • 1階のエリア 骨格標本を中心とした展示が見られる
  • 2階のエリア 最新のデジタル技術を使った映像などが楽しめる

少し前に亡くなったゾウのはな子も骨になって展示されているのかしら?とゾウらしき骨格標本を見ながら思いを馳せてみたり…実際には、毛皮の標本となっていたらしい。

ペギー
ペギー
ってことは、別人のゾウの骨格をはな子さんと勘違いしてしまっていた(汗)

 

骨の標本に気を取られている大人たちとは対照的に、デジタル映像の動物たちを見つけた子どもたち。怪しげなバスに吸い寄せられていきました。

 

「どこからバス」で動物の生態を勉強…せずに、とまりますボタンの押し合いっこの息子たち

どこからバス「どこからバス」という映像体験エリアです。

バスをモチーフにした映像体験で、動物たちの生息地や野生での生活を見て回ることができます。サファリパークみたいな感じかな。

途中で見たい動物やエリアがあったら、「とまりますボタン」を押すと停車して動物の解説が始まります。動物の解説を聞くかと思いきや、ボタンを押すことだけに集中している息子たち@4歳と2歳。

囲まれたせまい空間であちらこちらへと映像が回るので、バス酔いしてしまったパパ。そんなパパなどお構いなしに息子たちは30分以上もきゃっきゃっとはしゃいでいました。

 

「お腹が空いた」と言う子どもたちのために、お弁当を広げられる場所を探しに来たのですが、思わぬところで足を止めてしまいました。

ペギー
ペギー
お弁当が食べられるところ探しにいくよ

 

やだー!もっと遊ぶー!!

 

ペギー
ペギー
なぬっ?!なんとも魅力的なズーラボ!時間に余裕があったらゆっくり堪能したかった!

 

2階のエリアにもおもしろそうなものがあるらしいので、次回はズーラボでの時間も含めた遊び計画を練りたいと思います。

 

新しいランチエリアでお弁当を広げてみたら、ちょっとドキドキした

ランチ風景

ランチテーブル思わずのけぞってしまったビックリ空間!昔の動物園を知っている人ならおどろくでしょー!

ペギー
ペギー
私はビビった!!

突然現れたオープンカフェ! ここ動物園だよね??

 

午前11時ころにオープンカフェを目撃したときは、ほとんど人が座っていませんでした。

なので、オープンカフェのテーブルに勝手に座っていいのかいけないのか、すぐに判断ができずに一度目はスルー。

ペギー
ペギー
なんせ、初めて見る空間だったので、本当にオープンな空間なのか分からなかったのです

 

その後、ズーラボに吸い寄せられるように遊んで、オープンカフェに戻ってきたのが12時くらい。すでにオープンカフェのテーブルは満席状態でした。

テーブルの上のものを見ると、カフェテリアで注文したらしき食事もありましたが、持参したお弁当を広げている家族も…いた!!

ってことは、ここでお弁当を広げてもOKなのか?!いいのか?本当にいいの?!

あっ!あっちのテーブルが空いた!!ダッシュで確保しに行かねば!!

テーブル確保っ!!

 

っで、本当にお弁当を広げてもいいの??ここはお店のエリアだから、持ち込みはご遠慮ください、なんて言われて追い出されたりする恥ずかしいことにはならないかしら??

 

と、ドキドキしながらお弁当を広げてみる。

息子たちは「お弁当だー!やったー!!お腹空いたねー(*^▽^*)」ときゃっきゃっとはしゃいでいます。

もう後には引けない!! えいやー!ガサガサガサっ!!

ペギー
ペギー
お腹いっぱいになるまでたくさん食べなさーい!!どーん!!

 

とお弁当を広げたものの、私の心はドキドキしっぱなし。

あたりをキョロキョロと見まわしながら、「ねーねーここで食べてもいいよね?ね?」「たぶん、大丈夫じゃない?」とコソコソ話をしてしまう大人2人(汗)

 

持ち込みOKと大きくは書かれてはいませんでしたが、たぶん、大丈夫でしょう。若干自信がないので、少し弱めな大丈夫としておきます…

私のように、あそこのテーブルを勝手に使ってもいいのだろうか?と思っていた人たちでしょうか。カフェテリアの向かいにある、サークル型の石のベンチに腰かけたり、レジャーシートでお弁当を広げたりしていました。

 

リニューアル前だったら、木製のテーブルとイスがあったので勝手に使い放題で遠慮などいらなかったのですが、今回はドキドキしながらのお昼ご飯になってしまいました。(私だけ?)

お弁当が終わったら長居はせずに、テーブルをきれいに片づけて即退散。

 

次回は、テーブルが満席であることも想定してレジャーシートも準備していこうと思います。

 

子どもの館館長
お弁当持ち込みで1日中遊びまくる!「北九州市立 子どもの館」黒崎駅直結の室内遊戯施設こんにちは、夫婦ブロガーのペギー@3男児の母です。 息子たちが遊び回れるところはどこかしら?と、週末のたびに子どもの遊び場所を探す...

お弁当を持参したほうが節約にもなりますし良いですよね!

冷暖房完備の授乳室とおむつ替え室が快適だった件

新しい施設内の冷暖房完備の授乳室

授乳室 授乳室

手洗い場新しい施設内に授乳室とおむつ替え室がありました。

授乳室がある場所は限られているので、この機会を逃してはいけない!と思い、ズーラボの「どこからバス」に夢中になっている兄2人をパパに預けて、私は三男坊と授乳室へ。

冷暖房完備、トイレのような個室スタイル(鍵までかけられる)で、快適に授乳をすることができました。

 

一般的な授乳室は、狭めの空間にイスが2つ3つ置いてあって、たまに他の方と相席みたいに利用することもあります。荷物置きにしていたイスをゆずりあったり、ベビーカーの配置を気にしたりすることもあります。

個室で区切られていると、親子のみで落ち着いて授乳に集中できるのでママとしてはうれしいですね。

 

授乳室内におむつ替えシートはなかったので、ベビーカーに乗せたままおむつ替えもしました。手洗い場があるので、万一手が汚れてもここでキレイにすることができます。

残念ながらハンドソープは置いてなかったので、必要があればトイレで手洗いをするか、アルコールティッシュを持参した方がよさそうです。

ちなみに、ミルク用のお湯などもありません。ミルクを飲ませたい場合は、お湯や水は持参するようにしましょう。

 

アジア熱帯の渓谷エリア内の授乳室は若干寒いかも

授乳室 蛇の部屋の近くここは、ビルマニシキヘビやベンガルヤマネコなどがいる、アジア熱帯の渓谷エリアの建物内にある授乳室です。ひっそりとしたドアにミルクのイラストがありました。

中をのぞいてみると、冷暖房はありません。鍵付きの部屋に、イスが置いてあるだけです。ついでに掃除道具らしきものも奥に立てかけてありました。

手洗い場はありません。個室で区切られてもいません。ミルク用のお湯もありません。

若干寒々しい感じがする空間でした。

新しい施設ができるまでは、こちらの授乳室も利用されていたと思われます。が、できるなら、新しい施設の授乳室で快適に授乳がしたいなと思いました。

 

冷暖房完備のおむつ替え室で快適におむつ交換

おむつ替え室おむつ替え室も冷暖房完備です。

おむつ替え用のベッドが2つ設置されていました。ごみ箱もありますので、交換したおむつは捨てて帰ることができます。ごみ箱があると本当に助かります。

こちらも残念ながらハンドソープは置いてなかったので、必要があればトイレで手洗いをするか、アルコールティッシュを持参した方がよさそうです。

 

おむつ替え室はベッドのみの部屋のなのですが、雰囲気的に男性不可な感じです。(男性不可とは書かれていませんが)

ちなみに、女性用のトイレにもベビーカーごと入れる個室がありましたので、そちらでおむつ交換をすることもできます。

残念ながら、男性用のトイレにはおむつ交換台はなかったので、障がい者用のみんなのトイレを利用するか、ママが率先しておむつ替えをすることになりますね。

 

子ども専用のトイレがあれば、パパも子どもをトイレに連れていけてママは大助かり

トイレ男性用トイレ、女性用トイレ、障がい者用のみんなのトイレがあります。

さらに、子ども専用のトイレが設置されていました。幼稚園や保育園のトイレのように個室の扉が低く設置されているので、大人は個室の中をのぞき込むことができます。

子供専用のトイレの入り口も入り組んでおらず、オープンな感じに設計されているので、パパが子どもをトイレに連れていきやすくなっています。

実際に、子ども専用のトイレはパパ率が高かったように思います。

 

パパが子どもをトイレに連れて行ってくれると、ママの負担がものすごく軽くなります

ペギー
ペギー
できれば、男性用のトイレにもおむつ交換台や子ども用のトイレを設置してほしいと常々思いますね

 

おまけ:小春日和の今日は動物たちがサービス精神旺盛だった

ビルマニシキヘビが動いてた!

へびヘビを好んで見たいわけではありませんが、動いているヘビを見られたのは貴重な体験でした。しかも、ヘビ独特の形をした舌をベロベロ出してくれるサービスも!

ペギー
ペギー
ヘビの舌って、本当にYの字になってるんだー動いているのを見たのは初めてかも

 

ライオンとトラが起きて動いてる!

ライオン

トラライオンやトラは夜行性なので、朝一の動物園に行ったとしても寝ている姿しかみたことがありませんでした。

そのライオンやトラがのそのそ動いてこちらをジロりと見てくるではありませんか?!

怖いっ!けど、カッコいー!!

あまりの迫力に、思わず圧倒されてしまいました。それにしても、生きている動物なのに、よくできた作り物のように感じるのはなぜでしょう??

 

ライオン寝転ぶ
ペギー
ペギー
猫のように寝転ぶライオンの姿を見られるなんて、ラッキーでした!

百獣の王も、ただのでかい猫にしか見えません(笑)

 

ヤギだって野生の血が騒ぐんです!

ヤギがてっぺんヤギは急こう配な場所でもひょいひょい登ることができるそうな。そんなヤギの野生の特性を生かした展示になっています。

人間の思惑通り、橋のてっぺんまで登った姿を見せてくれました。

ペギー
ペギー
おれ、かっこいいだろ!と言わんばかりだ

 

野生の特性を生かす展示は、どこかの動物園を連想させる

展示工夫ヒョウをおりの下から観察することができたり、レッサーパンダが木の上を身軽に渡ったりする姿を観察できるように太い丸太を設置したり、カワウソがスイーっと泳いで来てはしごを登る姿を観察できるように円柱の水槽を設置したり…

最近では、動物の野生の動きをよりリアルに観察できるような工夫がどの動物園でも実践されていますね。

ペギー
ペギー
どこか北の方の動物園を連想させてくれます

 

福岡市動物園のリニューアル計画の一部に動物たちの生態を間近で観察できるようにという意図が含まれているのでしょう。

昔ながらの動物園に比べ、動物たちとの距離が近いように感じます。また、おりだけの展示ではなく、アクリルガラスも使用しているため、近くで動物を観察できるだけでなく、動物臭さが軽減しているように感じます。

子どもの頃に行った動物園はとにかく動物臭かった記憶があります。

ペギー
ペギー
動物は嫌いではありませんが、動物臭が充満していると…ちょっと苦手かも

 

ガン見されてる動物たち!

アヒルをガン見アヒルの食事風景をガン見の次男ちゃん。

先を急ぐ必要もないため、気の済むまで見てもらいました。何がおもしろいのか知らないけど…

 

オランウータンをガン見こちらは、オランウータンの食事風景をガン見の長男くん。ガラスにへばりついて見ています。

私には、誰かが毛むくじゃらの着ぐるみを着ているようにしか見えないw

 

三人兄弟
男の子3人の子育ては大変かもしれない 長男次男が起こした珍事件こんにちは、夫婦ブロガーのペギー@3男児の母です。 3人の男の子の母になって4か月が経ちました。あっという間の4か月でした。 ...

福岡市動物園は、人間にも快適さを提供してくれている優しい動物園だった

動物園は、動物たちが快適に過ごせるように飼育員さんたちが日々お勤めをされています。のびのびと飼育された動物たちの生態を見学しに行くのが動物園です。

日常生活で出会わない動物たちを身近な存在として感じられるよう、動物園側がさまざまに工夫を凝らして、おもしろく魅力的に展示してくれています。

おかげで、楽しい一日を過ごさせていただきました。ありがとうございます。

 

わが子たちは動物園が大好きです。

言葉では表せない魅力が、子どもたちの心をつかむのでしょう。

大人も快適に過ごせる空間を提供してくれているおかげで、「また子どもたちを福岡市動物園へ連れていきたいな」と思わせてくれます。

 

これからも進化を続ける福岡市動物園を楽しみつつ、わが子たちとの時間を大切にしていきたいなと思います。

 

福岡市動物園のチェックポイント

  1. 車で乗りつけられるが、行楽シーズンの駐車場はいつも満車
    今回、初めて駐車場にたどり着きました。(今回行ったのは1月中旬)
    西鉄バスで行けるので、駐車場が心配な方は公共交通機関をおすすめします。
  2. トイレがたくさん設置されてる
    トイレは随所に設置されているので、子どもにトイレを我慢させずに連れていくことができます。
  3. 新しい建物の授乳室、おむつ替え室、子ども専用トイレ、大人用トイレが快適
    赤ちゃん連れにうれしい施設ができてました。
  4. おしゃれなカフェテリアでお弁当を広げても、たぶん、大丈夫
    カフェテリアや食堂で食事をするのももちろんOK
    お弁当持参でピクニック気分を味わうこともできます。
  5. 動物たちの野生の特性を活かすたくさんの工夫あり
    展示方法からその動物の野生部分を推測しながら見るのも楽しいです。
  6. デジタル動物園のようなZooLab(ズーラボ)
    最新のデジタル技術を活かして動物の生態を学べるエリアがあります。
    がっつり体験していると、思った以上に時間がかかります。
    「今日のテーマはズーラボでがっつり遊ぶ!」と思って臨む日があってもいいかも。
  7. とにかく坂が多い
    山を切り出して造った動物園だからでしょうか。
    同じ敷地の中で、坂をのぼったり下りたり…歩いてるだけでちょっとした運動になります。
    ベビーカーの赤ちゃんが急こう配で結構な斜め感になります。
    決してベビーカーから手を離さないようにご注意ください。
    そして、下り坂で子どもが走ると転びます。
    何度注意しても子どもは走るのでご注意ください。
  8. 一日ですべてを堪能しようとせず、何度となく足を運んで楽しみたいお出かけスポット
    動物を見るだけなら一日でも十分かもしれませんが、子どものペースで見て回ったり、ズーラボのように体験型のデジタル動物園を堪能しようとすると、とても一日では足りません。
    見て回る順路を前回とは逆向きにするだけでも、毎回新鮮です♪

 

今も進化を続ける福岡市動物園におどろいた私の気持ちをリポートしてみました。福岡市動物園は訪れるたびに新しい発見をさせてくれますね。

ペギー
ペギー
いつも鮮度たっぷりで新鮮♪新鮮♪

都会のど真ん中で野生を感じられる貴重なお出かけスポットで、家族との楽しい時間を過ごされてはいかがでしょうか。

 

交通アクセス

名称:福岡市動物園
住所:〒810-0037
福岡市中央区南公園1番1号
TEL:092-531-1968(総合案内所)
最寄りのバス停:動物園「動物園側」(56・58番)「上智福岡中高前」(56・57・58番)
※「上智福岡中高前」からは動物園西門が便利

  • シャトルバス
    ゴールデンウィークと、「夜の動植物園」開催日(8月と9月2週目までの毎土曜日)は、地下鉄駅から無料送迎バスを運行予定
  • 地下鉄利用の場合
    地下鉄七隈線「薬院大通駅」下車2番出口
    (バス)「薬院大通り」56・58バスで6分(土日祝 訳10分おき)
    (徒歩)約15分
    ※地下鉄1日乗車券または地下鉄薬院大通駅・桜坂駅発行の乗車証明書の提出で団体割引料金の適用可
  • 西鉄電車利用の場合
    西鉄大牟田線「薬院駅」下車南口
    (バス)「薬院駅前」58番バスで10分(土日祝 20分おき)
  • 西鉄バス利用の場合
    博多方面から
    「博多駅前B」58番バスで20分(土日祝 約20分おき)
    天神方面から
    「天神協和ビル前(10)」56・57番(※) バスで約20分(土日祝 約10分おき)
    (※)57番は「動物園前」を経由しない。「上智福岡中高前」から動物園西門を利用

ABOUT ME
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)です。
10年以上、塾の講師として働いていました。幼児から中学生までの子どもたちと接してきた時間は私の貴重な宝物です。こどもたちの可能性は無限大!!
3男児の母となった今、育児に奔走する自分をブログにつづりつつ、これまでの先生としての経験が誰かのお役に立てればいいなと思いブログの更新をがんばっていきます。

ペギーのプロフィールペギーが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です