Webコンサルティング

Googleアナリティクスで特定の参照元からのアクセスを計測しない方法

アクセス解析としてGoogleアナリティクスを実装しているホームページは多いと思いますが、今回はGoogleアナリティクスで特定の参照元からのアクセスを計測しない方法をお伝えいたします。

特定の参照元から大量のアクセスが入っている場合などに有効です。

謎のドメインからの大量アクセスを確認しよう

ga-jogai

Googleアナリティクスで「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照サイト」の順番でクリックしていくと、参照元リストを確認することができます。このリストに全く見慣れない・知らないドメインからアクセスが大量にないですか?

上記の画像では、「www1.social-buttons.com」「simple-share-buttons.com」が怪しいですね。

見慣れない・知らないドメインからの大量アクセスの原因はリファラスパムやツールを使っての大量アクセスといった可能性があります。よくわからないアクセスがいっぱいあると、正確なアクセス数が計測できないので、レポートなどで集計する場合には邪魔になります。

気持ち悪いのでGoogleアナリティクスで計測されないように除外しちゃいましょう。

特定の参照元からのアクセスを計測しない設定

ga-firuta

特定の参照元からのアクセスを計測しない場合はGoogleアナリティクスの「フィルタ」機能を活用いたします。

①「アナリティクスの設定」をクリック
②「ビューを選択」
③「フィルタ」をクリック

フィルタの設定方法

ga-firuta-1

「新しいフィルタ」ボタンをクリックして、以下の内容で設定します。

フィルタ名:好きな名称(例:www1.social-buttons.com除外)
フィルタの種類:カスタム、除外を選択
フィルタ フィールド:キャンペーンのソース
フィルタ パターン:www1.social-buttons.com 

設定が完了したら「このフィルタを確認する」を押してみてください。
きちんと計測できていれば「保存」を押して完了です。

まとめ

Googleアナリティクスは便利なアクセス解析ですが、正しいやり方で計測しないと意味がないデータになってしまうので注意が必要です。今回はフィルタを活用した特定の参照元からのアクセスを計測しない方法をご紹介しましたが、ほかにも目標設定などを正しく設定してアクセス解析を役立てていきましょう。

アクセス解析はホームページの様々な情報を得ることができます。
正しく効果的に活用することでホームページを今まで以上に良くしていきましょう!

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です