家事・育児

業務スーパーを利用して、子どもにキャラクターふりかけを作ってあげたよ♪

業務スーパー

1か月前から行きたくて行きたくて仕方がなかった業務スーパーへ行ってきました!!

「毎日がお買得」のキャッチコピー!!いいですねー♪

 

ずらりと並んだ野菜たち♪

なすを買うかどうかをぎりぎりまで悩んで…買いませんでした。家に1本残ってるし…他のお野菜を買っちゃったし…断念、残念。

 

こんにちは、夫婦ブロガーのペギー@3男児の母です。

 

テリトリー内の業務スーパーへは少し距離があるため、買い物で通うとなると本当に節約になるのだろうか?というちょっとした疑問がありました。

  • 往復の時間がもったいない
  • ガソリン代がもったいない

でも、行きたい気持ちが膨れ上がり…ついに、よっしゃーっ!ということで、三男坊を引き連れて行ってきましたー!

 

業務スーパーでは買い物の目的をもっていった方がいい

常連になっているスーパーでは、何を買うのか、どこに置いてあるのかを把握しているため、買いすぎることは…よくあるけど、まあまあ想定内かなと思います。

が、業務スーパーやその他のお店で、「安いから!」という理由で行く場合は買い物リストを作るなど、目的をもってお出かけした方が無駄遣いをするリスクが減ります。

ペギー
ペギー
リスクというより、後々の後悔の度合いが少なくて済む、かな

 

今回の目的は4つ

  • 保育園で使用するビニール袋(スーパーの袋)
  • 冷凍の揚げ物シリーズ
  • 冷凍のししゃも
  • 大袋のふりかけ

★ビニール袋は、近くのスーパーよりも安いことを確認できていたので、どうしても業務スーパーで買いたかった。

★揚げ物シリーズとは、主婦の強い味方!コロッケと白身魚フライです。近くのスーパーにももちろんありますが、業務スーパーの方がコスパがいいことが確認できていたので、どうしても買いたかった。なんなら、ストック的に大目に買いたいくらい。

★大袋のふりかけは、1週間ほど前から欲しくてほしくてたまらなかったものです。

 

ふりかけにはまり始めた息子たち

朝ご飯のメニューで息子たちが気に入りすぎているもの、ふりかけご飯です。

できれば納豆とか、そぼろとか、昨日の晩ご飯の残りものとかを食べて欲しいのですが、ここ最近、ふりかけ熱が熱いのです。

 

ふりかけじゃないと、ご飯が食べない!とか言ってる

幼児にふりかけを覚えさせてしまったのは私ですが、「ふりかけじゃないと食べない!」とか言い出す始末。

ペギー
ペギー
朝から騒ぎ出すから困った、困った(汗)

 

で、家にあったふりかけを毎日のように使うので、すぐになくなってしまいます。安いふりかけを買っていますが…

ペギー
ペギー
ふりかけって、コスパ的にはそんなに安くないのよ~(汗)

 

次男ちゃん@2歳がふりかけの袋をひっくりかえして、どばーっ!!

ペギー
ペギー
朝からやめてくれ~(汗)

 

台ふきで拭き取ろうとする息子たち。お手伝いしようとしたのね。

ペギー
ペギー
ちょっとまったー!!集めればまだ食べられるから!!捨てなくてもまだ食べられるから!!

 

集めてみると、小皿にたっぷりと回収できるくらいの量を見事にひっくり返してくれた次男ちゃん@2歳です。

ペギー
ペギー
涙が止まらないぜっ(涙)

 

子どもにはやっぱり経験第一!

そんなこんなで、何とか安く、多めな量のふりかけが手に入らないものかと考えていたところと、業務スーパーへ行きたい熱と重なって

ペギー
ペギー
よし!業務スーパーなら大袋があるはずだ!!

という発想になったのです。

 

この時点で、ふりかけの小袋を買う選択肢はありませんでした。

小袋は「はいっ!どうぞ」と渡して、袋内のすべてのふりかけを1回分として使ってもらうスタイルですが、それだと量感覚を養うチャンスが減るな~と、先生気質の妙なこだわりが顔を出してしまうのです。

 

子どもに必要な分はどれくらいなのかを考えさせながら、自分で牛乳を注がせてみたり、ふりかけをふりふりする感覚を養わせたりしています。

ペギー
ペギー
子どもはふりふりが下手です(笑)大人の真似をしていますが、テーブルに飛び散る飛び散る~

子ども自身に、大皿から自分の食べる分だけを取り分けさせたりすることで、配分や量感覚が養われていくと思っています。すなわち経験ですね。

 

ある保護者が、「子どもは牛乳の注ぎ方が下手だ」と言っていたのを思い出しました。牛乳パックにたっぷり入っているときは、傾け方に慎重さが求められるし、残りが少ないときも傾け方を加減しないと「ばちゃー!」と出てくる。そんな感覚は、やらせてみないと身に付かないものですね、と。

なるほどーと思ったのが数年前です。

すでにお皿に取り分けたご飯ばかりを子どもに与えていると、経験するチャンスを逃してしまうのかな?と思って、ダイキチさんの協力を得ながら大皿から取り分けるという経験を積させています。

 

ペギー
ペギー
ねーねー、子どもたちにおかずを取り分けさせたり、どれくらい食べるの?ってパパに聞いてもらったりしているけど、どう?面倒??
ダイキチ
ダイキチ
うん、めんどくさいねー。子どもたちがどれだけ食べるのか分かんないから
ペギー
ペギー
長男くんたちに聞いたらいいんじゃない?
ダイキチ
ダイキチ
おれが??
ペギー
ペギー
そう。汁物でなければ、子どもたちに取り分けさせてもいいんじゃない?
ダイキチ
ダイキチ
おれが??

 

子どもたちに自分の分のご飯を取り分けさせた結果、

  • 長男くんは好きなおかずをほぼ全部自分の取り皿に移す
  • 次男ちゃんはお皿からお皿に移す作業を楽しむ(遊び始める)
    ※おままごと感覚
    →その後、大皿のおかずをそのままむしゃむしゃと食べ始める

としっちゃかめっちゃかになるのです。

 

ペギー
ペギー
長男くん!パパとママの分は??全部お皿に移したら、パパたちの分がなくなっちゃうよー!
長男(5歳)
長男(5歳)
ぜーんぶ長男くんが食べるからパパとママの分はないよ~(笑)
ペギー
ペギー
次男ちゃん、食べたい分だけお皿に入れてあげるから、その大皿ママに貸して!
次男坊(2歳)
次男坊(2歳)
いやっ!(むしゃむしゃむしゃ)
ペギー
ペギー
こらー!
三男坊(0歳)
三男坊(0歳)
あうあうあう(なに、さわいでるの?)

 

これが5歳と2歳の発想と行動です。

 

大袋のふりかけがキャラクターふりかけに大変身!

さて、次男ちゃんのふりかけぶちまき事件から、何とか子どもたち用のふりかけを手に入れたいなーと思っていましたが、業務スーパーにありました!大袋ふりかけが!!

ペギー
ペギー
そうそうそう!こんな感じのものが欲しかったのよー

 

某メーカーのあのふりかけじゃないけど、長男くんは「卵とのりのおいしいふりかけが好きだ」と言っていたので、問題はないでしょう。

しかし、この大袋の存在を子どもたちに知られては、「もっとかける~と」騒ぎ出してややこしくなります。さて、小分けにする方法はないものか…

 

ペギー
ペギー
ちょうどいい入れ物があったー!!

家にあったゴマふりかけの入れ物が丁度いいことに気がつき、さっそく中身を入れ替えてみました!

 

ゴマふりかけの中身がまだ入っていたので、別のタッパー(写真左)へ移して、空になった容器にたまごふりかけを詰め替えてみました。

 

ペギー
ペギー
うん、いいねー
ダイキチ
ダイキチ
よし!おれがジオウラベルを作ってやろう!

ダイキチさんが思い付きで、ジオウのラベルを貼り付けて…

ジオウふりかけ!のできあがりです。

長男くんと次男ちゃんは喜んでくれるでしょうか?

 

ある朝、ジオウふりかけを子どもたちにプレゼントしたよ

ペギー
ペギー
ぱっぱかぱーん♪ジオウふりかけだよー!!
長男(5歳)
長男(5歳)
わー!!なんでー?なんでー??(笑)
ペギー
ペギー
パパがジオウふりかけを買ってくれたんだよー!!(ちがうけど)
次男坊(2歳)
次男坊(2歳)
わー!!じおーじおー!!
三男坊(0歳)
三男坊(0歳)
あうあうあう(ぼくのみるくはまだ??)

 

長男(5歳)
長男(5歳)
パパー!これでたべていいのー??
ダイキチ
ダイキチ
いいよー!!
長男(5歳)
長男(5歳)
ままー!ごはんはやくー!
ペギー
ペギー
待って待って!今、準備してるから(汗)

 

長男くんも次男ちゃんもとっても喜んでくれましたよ(^^)

ジオウカレーも〇〇カレーも、外見のパッケージだけがキャラクターもので、中のカレー袋は何の変哲もないただの銀袋なんですよねー。パッケージがどっかに行ってしまったら、ただのカレー。

ちなみに、アンパンマンカレーはカレー袋にも印字がされているので、さすがだなと思います。

ダイキチ
ダイキチ
パッケージごと子どもに見せないと、(割高の)意味がないじゃん。あんぱんまんスティックパンを、中身だけ子どもたちに与えたでしょ?袋を見せなくっちゃ!

とダイキチさんが時々ぶつぶつ言ってきます。

ペギー
ペギー
 なにおーっ!

 

業務スーパーの戦利品

大袋のふりかけ話に話が飛んでしまいましたが、私の戦利品をご紹介します!

じゃんっ!!

業務スーパーの戦利品

無事に目的のものをゲットできましたー!!

我が家の息子たちは、ししゃもが大好き!!

ペギー
ペギー
今日のおかずに困った!時間もない!
ペギー
ペギー
そうだ!ししゃもを焼こう!!

ってことで、ししゃもがメインのおかずになっても、息子たちは喜んで何匹も何匹も食べてくれます。おかげで、大人は残り物の野菜炒めとかになるのです。(子どもたちが野菜炒めを食べてくれるようになったら楽になるのになー)

 

業務スーパーは魅力的な素材がいーっぱい並んでいます。お店によっては生鮮食品(野菜など)が置いていないところもあります。(昔行ってた業務スーパーには野菜や牛乳は置いてなかった)

また、業務スーパーはどこにでもあるわけでもないのですね。私は、たまたま行ける範囲にあったので、利用できてラッキーな感じです。

商品によっては、近くのスーパーの特売の方が安い場合もあるので、業務スーパーが何でも安いというわけではなさそうです。

が、業務スーパーオリジナル商品は、やはり安いですね。保育園用に購入したビニール袋は業務スーパーのオリジナル商品です。

 

まとめ

ガソリン代や時間の節約とも相談しながら、買い物を楽しみつつ、日々の家計に少しでも役に立てたらいいなと思い、今回は業務スーパーをレポートをしてみました。

工夫次第で、子どもが喜ぶキャラクターグッズも作れるかも(笑)

子どもが好んで食べているもので、でも毎回買うと割高だなーと思えるものがあれば、ぜひ業務スーパーを検討してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)です。
10年以上、塾の講師として働いていました。幼児から中学生までの子どもたちと接してきた時間は私の貴重な宝物です。こどもたちの可能性は無限大!!
3男児の母となった今、育児に奔走する自分をブログにつづりつつ、これまでの先生としての経験が誰かのお役に立てればいいなと思いブログの更新をがんばっていきます。

ペギーのプロフィールペギーが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です