diary

早起きって何時に起きればいいの? 早起きで何をしたいのかを決めるべし

早起きって何時に起きればいいの
ペギー
ペギー
早起きって何時に起きればいいのかな?
ダイキチ
ダイキチ
早起きして何をしたいかによるんじゃないかな。

 

こんにちは、夫婦ブロガーのダイキチです。

 

これから早起きをする人が悩むのって「何時に起きればいいのかな」ってことだと思います。ちなみに私は毎日3時に起きるようにしているので比較的早起きなほうだと思います。

ネット上で調べても朝3時起きの人はなかなかいませんし笑

そんな早起きのプロである私が「早起きって何時から起きればいいの?」っていう疑問にお答えできたらと思いながらブログを書いています。

ぜひ明日の早起きの参考にしてくださいね!

早起きすれば自分の時間を作ることもできますし、余裕をもって1日のスタートが切れますよ!

早起きの時間は人それぞれ

結論から言うと早起きの時間に決まりはありません。

ペギー
ペギー
な、なんだってー

 

一般的には朝6時に起きれば早起きしてるね!と認定されるように感じます。わたしは今でこそ朝3時起き生活をしていますが、それまでは朝7時すぎぐらいに起きていました。その時はどう頑張っても早起きできずいつも朝バタバタ準備していた記憶があります。

そんなわたしも今では朝3時に起きるようになれたんだから習慣の力はすごいですねー。

 

人それぞれで話が終わってしまうのも寂しいのでここでは自分に最適な早起き時間の探し方見つけ方にも少し触れてみたいと思います。

  • 今よりも1時間だけ早起きする
  • 早起きしてやりたいことから時間を逆算して決める

早起きの時間の決め方って大きく分けてこの2種類になるのかなと思います。ただ漠然と早起きしたいと思っているだけだと早起きは難しいものです。決して早起き自体を目標にしてはいけません

  • 早起きして人生が変わった
  • 成功者している人は早起きしている人が多い
  • 夜頑張るよりも早起きしてやったほうが集中できる
  • 朝活で多くのことを学べた

「早起きは良い」「早起きすれば成功できる」そんな言葉だけが先走って知れ渡っているように感じます。別に早起きしている人が偉いわけではないんですけどね。

早起きしている人は頑張っているように見えますが、大事なことは早起きして何をしたいかということだと思います。早起きするだけで成功すれば苦労しないですよね。

早起きした時間に何をするかを最優先に考えるべきだと私は思います。

ダイキチ
ダイキチ
早起きする理由が大事ですよ

 

もし今よりも1時間早く起きれば解決できるのであれば早起きするべきだし、まとまった時間を作りたいということであればもう少し早く寝て早く起きるように習慣づけることが大事です。

ちなみに私は早起きしてブログを書いています。わたしは決してブログを書くスピードが速いわけではないので1記事に2時間~3時間かかっちゃうので、1日1記事を書くには朝3時起きがベストだったんです。

だから3時起きを続けられているんですよね。

朝3時起きでブログ書く
早起きしてブログ更新! 朝2時起きから朝3時起きに習慣を変えましたこんにちは、夫婦ブロガーのダイキチです。 ブログを書きたい!と決めてから朝2時に起きる朝活をしていました。朝だと誰にも邪魔されずに...

 

ただ普段7時起きの人が無理やり朝3時起きに挑戦してみた!なんてことはやめたほうがいいかもしれません。睡眠不足によって体調を崩してしまうかもしれないのでオススメできないですね。

私も最初は6時起きからスタートして少しずつ起床時間をずらしていきました。今では朝3時起きに落ち着きましたが一時は朝2時起きにもチャレンジしていましたよ。

さすがに朝2時起きは体調にあっていなかったので長続きしなかったですね。朝2時に起きるというは大変でしたが自分の限界を知れてよかったかなと思っています。睡眠時間の適性や早起きできる時間なんてものは体質的なものもあるので自分で体験しながら探していかないといけないですからね。

そういった意味では無理して朝2時起き生活をしてみてよかったかもしれないです。

私は毎日朝2時に起きるサラリーマンブロガーです
私は朝2時に起きてブログを書くサラリーマンブロガー。 こんにちは、朝2時に起きてブログ更新を頑張る夫婦ブロガーのダイキチです。 いままで朝の3時に起きていたけど、今日か...

早起きする時間は、寝る時間ですべて決まる

寝る時間
早起きはただ単純に早起きすればいいというものではありません。

人間には必要な睡眠量というのが決まっているので早起きするために睡眠時間を削るのは良くないです。必ず体調を壊してしまいます。

なので早起きをしたいのであれば早く寝ることを心がけましょう!!

 

どうしたら早起きできるかじゃなくて、どうやったら早く寝れるのか考えるといいと思いますよ。

  • 夜テレビやスマホは見ない
  • カフェインを取らない
  • 酒を飲まない
  • お風呂につかる
  • 夜ごはんはおなかいっぱい食べない

など、夜早く寝るためにできることって意外に多いんですよね。早起きの習慣を身に着けるより先に早く寝る習慣を身に着けることができればいいんです。自然と早起きもできるようになりますよ。

 

自分の睡眠時間が6時間として、

  • 24時に寝れば6時起き
  • 23時に寝れば5時起き
  • 22時に寝れば4時起き
  • 21時に寝れば3時起き

といった感じで寝る時間に合わせて早起きする時間を決めることができます。

 

ちなみに私は子どもたちと一緒の時間に寝ています。21時すぎには寝ているので朝3時に起きていても睡眠時間はきっちりと取っているんですよね。

私は6時間程度の睡眠時間で十分(少し足りないぐらい)ですが、人によっては7時間8時間必要な人もいるかと思います。その場合は寝る時間と睡眠時間を計算して早起きする時間を決めるようにしましょう。

早起きにこだわって自分のパフォーマンス低下につながると意味がないですからね。体調がすぐれなかったり生活に無理が出てたりしたら早起きの時間を見直してみるのもいいでしょう。

早起きは毎日のことなので無理なく続けることが大事ですよ。

 

早起きは何時でもOK

早起き起きる時間は何時でもいい
早起きは何時から起きればいいの?
っていう答えとしては「人それぞれ」です。なにが最適かなんて私にはわかりません笑

ただ早起きして何をしたいかを考えたときに自然と自分自身で思いつくのではないでしょうか。自分が起きたい時間を決めることができれば後は実行するだけです。

実行するのは大変ですが早起きにはそれだけの価値があると私は思っています。

思いついた最高の考えも実行しなければ身につかないですよ。

 

正直、早起き生活を始めた最初はすごく眠たいですし慣れてないので疲れがちです。小さなことでもイライラする時もありました。とてもつらかった時期ですね。

できることなら2度とやりたくない笑

なのでわたしは早起きの習慣を崩さないためにも毎日続けていますし、休日でも早起きの生活を続けています。休日だからとって昼まで寝るなんてことはしなくなりましたね。

休日も早起きする
休日も早起きを続けなければいけない。むしろ休日こそ早起きすべき1つの理由 こんにちは、夫婦ブロガーのダイキチです。 みなさん、早起きしていますか? 私はしてい...
週末に休むだけじゃ勿体ない!ブログ副業のすすめ
週末に休むだけじゃ勿体ない! 私は収入を得るために副業でブログ運営していますブログ運営は週末だけでもすることが出来ます。もちろん日中も時間を使って更新したほうがいいのですが、週末だけの作業でもお金を得ることだって難しくないですよ。ブログ運営に限らず何かしらの副業をやってみてはどうでしょうか。...

 

習慣は毎日の積み重ねです。

無理なく続けれるように頑張りましょう!!

ペギー
ペギー
が、がんばるよ
朝3時起きの見える景色
早起きの習慣を身に着ける! 朝3時に起きればいつもと見える景色が変わってくる早起き生活を続けてもう3か月以上たっているのですが朝起きる時は相変わらず眠たいです。相変わらず「すがすがしい朝だ!」なんて思ったことはな...

まとめ

早起き
わたしは朝3時起きという超早起きをしていますが、別に無理して3時起きする必要なんてありません。早起きが偉いというわけではないですからね!

早起きは何時に起きればいいの?という問いに答えはありません。今よりも1時間早く起きるだけで早起き生活することができるのです。

簡単ですよね!

ペギー
ペギー
今よりも少し早く起きるだけでいいのね!
ダイキチ
ダイキチ
まずはスタートしてみることが大事かな

ちなみに新しく習慣を身に着けるということなら一度にたくさん変えないほうがいいみたいです。早起きの時間帯にしても今よりも1時間早く起きることから始めてみて、体が慣れたら少しずつ寝る時間を短くしていくほうがいいみたいですよ

参考にしてみてください。

ダイキチでした!

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です