SEO

header.phpに書きこんで特定のページにnoindexタグを付ける

header.phpにコードを書いて、特定のページにnoindexタグをつける

前回はfunction.phpにコードを書いて特定のページにnoindexタグを付けるというブログ記事を書きましたが、今回はheader.phpにコードをかいてnoindexタグを付けるという話をしたいと思います。

 

前回のfunction.phpにコードを書いてnoindexタグを書くやり方はコチラ

function.phpを使って特定のページにnoindexタグをつける
function.phpを使って特定のページだけnoindexタグを付けたい!普通にブログを書くだけならあんまり気にする必要がない「noindexタグ」。 でも必要に応じて特定のページにnoindexタグを付...

 

function.phpに直接コードを書く方法でも特定ページにnoindexタグを付けることができるのですが、noindexタグが表示される場所を指定することができません。

ので、

可能であればheader.phpに直接コードを書いて特定の条件にてnoindexタグを表示させるほうが良いとされています。header.phpで編集すれば任意の場所にnoindexタグを表示せることができます。

noindexタグはheadタグ内の上のほうに書くほうが良いとされているので、最適なページに最適な場所に表示させるheader.phpの方法を推奨しています。

 

header.phpでnoinexを表示させる方法

noindexの意味や効果は前回の記事で書いているので割愛させていただきますが、header.phpに直接コードを書く場合もコピペで簡単に実装できます。

上記コードをheader.php内に書けば、カテゴリーページを除くアーカイブページと検索ページはnoindexになります。

記載する場所はタイトルタグの1行上ぐらいで大丈夫です。

 

「タグページ」「日付ページ」「検索結果ページ」「特定の投稿ページ」「特定のカテゴリー」はnoindexを付ける

これで特定のカテゴリーはすべて自動的にnoindexを付けることができます。

わたしはカテゴリーページにはnoindexを付けなくても良いと思っているのですが、もし投稿数が少なかった場合など一時知的にカテゴリーを指定してnoindexタグを付けるのはアリだと思います。

上記のコードでいうと「wordpress」というカテゴリーがnoindexタグが付くようになっています。

カスタム投稿タイプの場合のnoindexタグの指定の方法

上記コードでカスタム投稿タイプ「book」と「movie」の場合、タグカテゴリーと日付カテゴリーと検索結果ページにはnoindexタグが付くようになります。

 

まとめ

noindexタグを不必要と思われるページに挿入することによって検索順位が上がるという話はよく聞きますが、自分のwordpressブログに効果があるかどうかはやってみないとわかりません。

でも実際に試してみる価値は十分にあると思うので、「Googleの順位を上げたい」「Googleから検索ペナルティを受けているかもしれないから解除したい」という方もとりあえずはやってみてはいかがでしょうか。

 

noindexタグを挿入してどうなったかはアクセス解析を見ていれば分かることもありますので、定期的に見直してみると良いかもしれませんね。

 

ダイキチでした!

 

 

 

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です