ブログ運営について

ほったらかしでも月10万円! ミニサイトを作って儲ける法を読んで、実際にミニサイトを作ってみた

何かブログのネタになるようなヒントはないかなーと書店をぶらぶら歩いていたら「ほったらかしでも月10万円!ミニサイトを作って儲ける法」というとても魅力的なキャッチコピーと本のタイトルに惹かれました。

ダイキチ
ダイキチ
ブログネタに困ったら書店にいってネタ探しをしてしまうブロガーのダイキチです。こんにちは。

私たち夫婦が運営しているのはブログですが、ミニサイトを作ればブログのように更新し続けなくても一定の収入を得ることができるという点は非常に魅力的です。著書のキャッチコピーでは「ほったらかしでも月10万円!」と書かれていました。

非常に魅力を感じたのですが、よくある中身がスカスカの本だったら嫌なので、その書店では買わずにアマゾンの評価や他のブロガーの書籍レビューなどの評価を見るとかなりの高評価だったので購入を決意し、買いました。

私とミニサイトの歴史

私自身、今はブロガーとしてブログを書いていますが、10年以上前から「ミニサイト」づくりを取り組んでいました。作ったサイトは数えきれないほどあり、多い時には月に20万円以上の収入をミニサイトから得ていました。

ダイキチ
ダイキチ
まぁ今は20万円も稼げてないんですけどね。

ブロガーとしての収入も今後増やしていきたいという気持ちでブログ更新をしていますが、私の得意とするサイト制作も改めて取り組んでいきたいと思い購入を決意しました。

本当にほったらかしでも月に10万円以上の利益を得ていた私からするとほかの人はどんな風にサイトを作っているのかなども気になります。月に10万円を稼ぐことができれば大きな収入源となりますし、なにより出来上がったサイトを見ることはできるけど、製作途中のことを見る機会なんてそうそうありません。

私自身のスキルアップも兼ねて読むことを決意しました。
簡単ではございますがレビュー記事を書いたのでこれから「ミニサイトを作って儲ける法」の購入を検討している方の参考になれば幸いです。

著者の情報

ミニサイトを作って儲ける法の本ほったらかしでも月10万円!ミニサイトを作って儲ける法の著書は和田亜希子さんです。

和田さんは自らを「ミニサイトづくりの職人」と名乗り、ミニサイト制作・運用をしています。現在ではミニサイト制作運用だけではなく、ミニサイトづくりをテーマとしたワークショップを開催したり、セミナー講師も務めているそうです。

ほったらかしでも月10万円!ミニサイトを作って儲ける法のほかにも多数のアフィリエイト関連書籍を出版されています。

ダイキチ
ダイキチ
和田さんはとってもアフィリエイトに詳しい方なのです。

ミニサイトの定義とは

「ミニサイト」と聞いて、想像するものは人によってさまざまでしょう。実際のところ、「これがミニサイトだ」という定義はありません。

確かに言われてみれば何が「サイト」で、何が「ミニサイト」なのかなんて定義はありません。5ページや10ページぐらいの小規模サイトのことをミニサイトと定義するわけでもありませんので、便宜上「ミニサイト」と呼んでいるそうです。

まぁミニサイトの定義なんてものにこだわる必要はないので、各々が思う「ミニサイト」の定義でよいのかと思います。

ミニサイトのメリット

ブログのように時系列で並んだコンテンツよりも、ギュッとまとまったコンテンツで構成されたミニサイトのほうが「目的の情報を探しやすい」

ブログという性質上、新しい記事が時系列で1番上に表示されて過去の記事はどんどん埋もれていきます。

もちろんブログには記事は残り続けるのでブログの資産になりますが、多くのブログ記事の中から目的の記事を見つけ出すのは非常に困難です。

当ブログでも100記事を超える記事がありますが、目的の1記事だけを探し出すとなると記事を書いている私でさえ時間がかかってしまいます。

ダイキチ
ダイキチ
書いたことを忘れてしまっている記事もたぶんきっと多くあります
あわせて読みたい
5年半かけてブログ100記事達成
苦節5年半でブログ100記事達成。収益とアクセス数を大公開この夫婦共同ブログで記念すべきブログ記事100記事を達成いたしました。 ▼記念すべき100記事目はこちらでした ht...

ブログは新しい記事を書きやすい・更新しやすいというメリットがある一方で過去記事が埋もれてしまうというデメリットもあります。サイト内検索やカテゴリーなどによって探せないこともありませんが、非常に手間です。

ですが、ミニサイトであればテーマに合わせた情報しか載せないので目的の情報を探しやすいというメリットもあります。例えば20ページぐらいのボリュームであればすぐに探すことができますし、きっと3クリックもあれば目的のページにたどり着きます。

トップページからのリンクを張ればもっと見やすくなりますし、同じテーマのほかの記事も見つけやすくなるでしょう。

ギュッとコンパクトにまとめたミニサイトは「情報を探しやすい」というメリットがあります。

ダイキチ
ダイキチ
ミニサイトにはミニサイトのメリットがあるんだね

ブログコンテンツをスピンアウトさせてミニサイトにする

今、私はブログ運営をしている中で「ミニサイトを作って儲ける法」の本を読んでいるので、ブログに関連した情報が目に止まります。

例えば今あるブログ記事を活用してミニサイトにしてしまおうという考え方です。

ブログ内では埋もれていたり、断片的になっていたりして、アクセスもほとんどなかった記事が大半ですが、再構成すると、ひとつのまとまりある情報として、関心がある人にまとめてしっかり読んでもらえるものになります。

このブログは「雑記ブログ」というカテゴリに分けられており、好きなことを好き勝手書きなぐるブログになります。私の趣味や特技などを書いていたり、ペギーの好きなことや趣味特技や育児のことなどを書いているのでまとまりがありません。

ダイキチ
ダイキチ
好きなことや好きなテーマを書けるというのは雑記ブログのメリットですが、特化ブログに比べるとまとまりがないというデメリットもあります。

ですが、特定のカテゴリーを集中的に書いたり、関連する記事を書いたり、情報としてまとめ治すことによってブログ記事が再度輝くようになるかもしれないと和田さんは言っています。

非常に面白い発想だと思いました。

そのテーマについて基本から学びたい人に、おすすめの記事だけを抜き出してミニサイトにしてみるのもありでしょう。特定カテゴリを丸ごとスピンアウトさせるのも面白いと思います。

記事単体ではなく、特定カテゴリ丸ごとをスピンアウトさせることによってほかの関係ない記事を見せなくすることによってミニサイトにすることも面白いと言われています。

確かにブログ運営を長く続けていると特定のカテゴリに数十記事や数百記事増えてきます。その特定カテゴリ記事を時系列だけで並べておくのではなく、ミニサイトとして新しく作り替えることによって訪問者にとってすごく見やすい情報になるかと思います。

ブログ内の記事は資産です。ただその資産も、蔵の中で眠らせておくだけでは何も産み出しません。一度蔵から引っ張り出して、もう一度誰かに読んでもらうための棚卸をしてみてはいかがでしょうか。

私たち夫婦もそうなのですが、過去記事を見直すよりも新規記事を書くほうが楽しいので、古い記事は新しい記事に埋もれていって見なくなります。

ダイキチ
ダイキチ
そして書いたことすらも忘れてしまいます

ですが、和田さんの言う通り、ブログ内の記事は資産です。

古くなった情報を見直して最新の情報に書き換えたり、情報を付け足したり削除したりすることによって記事は再び輝きを取り戻すかもしれません。読まれなくなった記事を新しくミニサイトとして生まれ変わらせると確かに面白いかもしれません。

もしかしたらミニサイトにすることによって一時的にアクセスが減るかもしれませんが、ミニサイトにすることによって増えるアクセスもあるだろうからトータル的にはアクセス数は増えるのではないかと思います。

ミニサイトは孤独な作業なので最後まで作りきる工夫が必要

ミニサイトの企画書(写真は著者で紹介しているミニサイトの企画書の例)

サイト制作もミニサイト制作も1人で作業するとなるととても孤独な作業です。作り始めは「絶対に成功する!」なんて思っていても作り続けているうちにモチベーションが下がってしまい、結局完成しなかったということもあります。私も途中で完成せずにお蔵入りになったサイトがいくつもあります。

少しでも検索エンジンに早く見られたいんだー!という気持ちで、サイト完成前からお金を払って独自ドメインを取得して公開まで至らずに時間と金が無駄になったことも何度もあります。

ダイキチ
ダイキチ
時間とお金を無駄にしたサイトは1つだけじゃなく何個もあるよ!

なのでミニサイトを作って儲ける法の著書ではサイト制作の最初の段階で「企画書」と作ることを提唱しています。

私は最初の段階で、作成すべき記事(コンテンツ)の一覧をすべて書き出します。こうした記事一覧を最初につくるのは、もちろん必要な記事をもれなく作成する一方で、肥大化してしまうのを防ぐためです。同時に自分自身の「タスク管理」のためでもあります。

1人で作って1人で運営するのでやることもすることもすべて頭の中に入っています。ですが、サイト制作にあたっては企画書も作らないで作業することは設計書もないのに家づくりを始めることだと言っています。

仕事ではないから、そして一人作業だからこそ「タスク管理」が必要なのだと。

私もフリーランスとして他社のホームページ制作をするときには、ヒアリングをしてからサイト構成やサイト規模、テーマやコンセプトなどを最初にクライアントに提案しているのですが、1人でする作業となると自分自身のために企画書なんて書くのは非常に面倒です。

ダイキチ
ダイキチ
1人作業なので企画書は頭の中に全部あるから大丈夫

っていう考えはダメらしいです(当たり前だ)

ミニサイト作りは仕事ではないので、作業が遅れても誰にも怒られません。最悪、サイトが完成しなくても誰にも怒られません。

むしろ作業が遅れるほうが作業をしなくてよいので楽になります。だからこそ「タスク管理」が必要なんだと著者は宣言しています。

単独で、かつ仕事とは別に取り組むこうしたミニサイトづくりでは、予定通り作業ができていなくてもそれを指摘してくれる人はいません。企画を最初にしっかりつくることは、ミニサイトのゴールだけではなく、そこに至る道のりと作業量も可視化して、それによって進捗状況を把握し、モチベーション低下を防ぐことにも繋がります。

その時間内でつくることができる企画書のサイトかどうかをしっかり見極め、必要であればさらに規模の縮小するなどして、無理のない制作スケジュールを組むためにも、最初の企画は欠かせません。

「ミニサイトを完成させる!」というゴールに向かって走り出すには企画の段階から設計する必要があるようです。

ブログはとりあえず作りながら走り続けるみたいな見切り発車的な感じで作りますが、サイト制作はきちんとした段取りをしてから取り組むべきだと著者の和田さんは言っています。

20ページぐらいのサイト規模であれば1人でも1か月あれば完成までたどり着きますが、1人で200ページ作るとなると半年ぐらい時間が必要になるかもしれません。私はサラリーマンをしながらのサイト制作になるので、製作時間は平日の23時すぎから3時間程度しか時間を確保できません。

もし1日3時間の作業時間で1人で取り組む場合、1サイト作るのに1年以上かかるかもしれません。あまり大規模すぎるサイトは完成させることができませんので、途中で心が折れるでしょう。

自分の力量やスケジュールなども踏まえたうえでサイト設計をすることが大事のようです。

まとめ

ほったらかしでも月10万円! ミニサイトを作って儲ける法の本はWEB経験10年以上の私が読んでも参考になる部分が多くあり、読むに値する本だと思います。

今以上に収入が欲しい方や、ブログ運営をしているがサイト制作もしてみたいという方にもおすすめの本です。

更新し続けないといけないブログに対して、完成させれば定期的な収入を期待できるので作業時間が限られているサラリーマンの副業としてもミニサイトは最適です。ミニサイトは完成さえさせれば毎日更新せずとも定期的なメンテナンスさえしていればOKなのも嬉しいですね。

もし注意点がるとしたら初心者には結構難しい内容なのかもしれません。

私はWEBデザイナー業務やWEBディレクション業務をしているので本の内容をみただけですぐに実行に移せるのですが、初心者がすぐに実行となると難しいのかもしれません。

ですが、ほかのほったらかしでも月10万円! ミニサイトを作って儲ける法のレビューを見ているとサイトの作り方や企画書の作り方などを10回以上読んで実行したという声もありましたので、根気よく読めば内容を理解することができると思います。

著書のキャッチコピー「ほったらかしでも月10万円!」と聞くと簡単そうに思えますが、実際にほったらかしでも稼げるミニサイトを作るのは大変なことです。

それでも「まずはやってみる」ことが大事だと私は思いますので、ミニサイト作りをしてみたいという方はぜひ一読されてみてください。

 

追記

実際にミニサイトを作って公開してみましたー

シンプルな顔文字をたくさん集めた「シンプル顔文字」
https://hikarika.jp/kaomoji/

まだまだ仮完成の段階ではありますが、取り急ぎ完成させました。顔文字を集めた情報サイトなので一度公開してしまえば情報が古くなることもありません。そして更新しなくても定期的なアクセスと少しの広告収入を得ることができています。

引き続きブログ運営は続けていきますが、こういったミニサイトもサイトの資産となりますので、別テーマのミニサイトも作っていこうと思います。

今回作った「シンプル顔文字」のサイトのアクセス数や広告収入などもこのブログで詳細をお話ししていければと思っています。

お楽しみに!

 

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です