ipo

東海東京証券で当選したIPO株を初値で売る方法手順

東海東京証券の当選画像

IPOはせっかく当選しても売らない限り利益になりません。IPO投資の鉄則は上場日に初値で売ることが大事です。価格が決まった瞬間に売るように設定する必要があります。

初値が決定してから売る手続きをしていては遅いので事前に売り予約をしておく必要があります。初値は早ければ朝の9時には決まってしまいます。

なので上場日の朝6時から朝9時までの間に初値売りの手続きをしてください。もし寝坊して手続きが間に合わないとか、手続きを忘れてしまうと初値で売ることができません。

東海東京証券でせっかく当選したIPOを最高の形で売却できるように最後まで気を抜かずに頑張りましょう。IPOの売り方を詳しく紹介するので参考にしてみくださいね!

東海東京証券で初値売りをする手順

当ページでは「東海東京証券」で初値売りをする手続き方法を画像キャプチャでご説明していきます。わからない点などありましたらお気軽にコメントなどでご質問ください。

東海東京オンライントレードにログインして「取引」をクリック

まずは東京東海オンライントレードにログインし、画面上部にあるメニューから「取引」ボタンをクリックします。

「売る」ボタンをクリックして「現物売」のボタンをクリック

続いて画面左側のサイドメニューより「売る」ボタンをクリックして、対象銘柄の「現物売」をクリックしてください。

注文条件の詳細を入力

当選した枚数(例では「100」)と入力し、「成行」にチェックを入れてください。
この時「成行」にチェックを入れないと初値で売ることができませんので注意が必要です。

期間は「当日中」を選択します。
もし初日に初値が付かなくて翌日に繰り越した場合は、翌日に改めてこの作業を繰り返して、改めて「当日中」を選択してください。

あとは「内部者(インサイダー)取引に該当する注文ではありません」にチェックを入れて、青いボタンの「注文確認画面へ」をクリックします。

注文内容確認画面へ

注文内容を確認し、「取引パスワード」を入力して、青いボタンの「注文発注」をクリックすれば作業は完了です。

受付完了

以上が東海東京証券のIPO初値売りの方法となります。
きちんと手続きができているかを確認するには青いボタンの「注文紹介へ」をクリックすると改めて確認することができます。

まとめ

IPO投資ばかりしていると初値売りのやり方がわからない場合などもあり得ますので、この記事を書かせていただきました。

せっかく東海東京証券でIPOが当選したのにもかかわらず初値の売り方がわからないという方の参考になればと思います。

 

ABOUT ME
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)
ダイキチ(夫)です!
夫婦で1つのブログを運営しています。銀行にお金を預けているだけじゃもったいない!と感じ資産運用を始めました。IPO投資でお金を増やして株主優待をもらって節約も頑張っています。
資産運用でお金を貯めてサラリーマンを引退するのが夢。サラリーマンを引退するまでの軌跡をブログに残していきたいと思います。よろしくお願いします。

ダイキチのプロフィールダイキチが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です