家事・育児

子どもの指はさみ事故を少しでもなくしたい!ドアのすき間対策グッズを紹介

子どもの手

こんにちは、夫婦ブロガーのペギー@3男児の母です。

 

ぎゃーーー!!!(大泣!)

 

次男のギャン泣きに一斉に集合する私とダイキチ(夫)さん。

次男が手をおさえて、「いだい、いだい、ヴぁーーー(大泣)」と騒いでいます。

近くにいた長男を問い詰めると、リビングと廊下のドアのすき間(金具側)に次男の指がはさまったらしいことが判明。

2人でふざけて遊んでいて、長男がドアを勢いよく閉めた瞬間、次男の指がすき間にはさまったということです。

 

ドアの金具部分のすき間に指がはさまると、ものすごく痛い!!

このドアのすき間(金具部分)に次男が指をはさみました。私も実際に自分の指をはさんでドアを閉めてみましたが、ものすごく痛かったです!!

 

ペギー
ペギー
次男もさぞかし痛かったことでしょう(涙)

 

ペギー
ペギー
次男のプニプニの薬指と中指にはくっきりとはさまれた痕が!!
  • 血が出ているようにも見えるが、流血ではない
  • キズにはなっているが、縫うほど切れたわけではなさそう
  • ケガをしたばかりなので、すぐに指を動かすのは痛いようだが、すぐに泣き止んだところをみると、骨は折れてはなさそう
ペギー
ペギー
今、あの瞬間を思い出しながら文章を書いていますが、正直、吐きそうなくらい、胸が苦しいです(涙)

 

ドアのすき間に指がはさまる子どもの事故

いつかはやるだろうと、いつも冷や冷やしていましたが…

まさか現実になってしまうとは!!

 

 

さっそく、子どものドアのすき間はさみ事故を防止するための商品を探してみました。

「ドア用すきま伸縮カバー ゆびストップ」

 

とりあえずは、目を離したスキに指がはさまるという心配をひとつ軽減できること信じて。

 

安心グッズで家の中に安全を

ドア用すきま伸縮カバー「ゆびストップ」

ゆびストップ今回購入したゆびストップは、以下のようなタイプです。

  • 長さ44センチ×2本入り
    ※つなげて設置すれば、全長88センチになる
  • ジャバラ部分の最大伸び幅は、約12センチ
  • 粘着テープで固定する

 

ゆびストップの取り付けはとても簡単

さっそく、取り付けてみましょう。

説明書き裏面に説明書きがあります。取り付け順序を確認します。

 

まず、ドアを閉めた状態にします。

次に、片方の粘着テープをはがして、壁側に貼り付けます。
※接着部分が汚れているとうまくくっつかないので、きれいに拭いておきます。
※デコボコしたり、ざらざらした面は、粘着がくっつきにくいので、剥がれやすくなります。

壁側に粘着テープが貼れたら、もう片方の粘着テープをドア側に貼り付けます。

こんな感じになりました。

偶然にも、ドアの色とカバーの色がマッチしています。色が全然違っても気にしないので、こだわっていなかったのですが…

ペギー
ペギー
おかげで、写真でお伝えしづらくなってしまいました(汗)

 

ドアを開くとこんな感じになります。

1本目の貼り付けに成功したので、続けて2本目の貼り付けに進みます。

※2本を並べて貼り付ける場合は、下側から貼り付けるように注意書きがありました。

 

2本目の壁側の粘着テープを張り付けた様子です。

いよいよ、ドア側の粘着テープを貼り付けます。

 もはや、はじめから1本の商品であったようにしか見えません。

 

指ストッパードアを開くとこんな感じになりました。

 

ドアの反対側から見てみましたが、よく分かりませんね。

光が遮られているところが、ゆびストッパーが取り付けられているところです。

 

家庭内の事故に心配は尽きないが

とにもかくにも、これで指はさみ事故の心配は軽減されました。

ペギー
ペギー
男の子ってどうして、あんなにも激しく動き回って遊ぶのかしら??

心配し始めるとキリがありませんね。心臓がいくつあっても足りません(汗)

 

三人兄弟
男の子3人の子育ては大変かもしれない 長男次男が起こした珍事件こんにちは、夫婦ブロガーのペギー@3男児の母です。 3人の男の子の母になって4か月が経ちました。あっという間の4か月でした。 ...

 

ご家庭にあると便利で安心な「ゆびストップ」のご紹介でした。

今回の使い勝手がよければ、他のドアにも取り付けてみたいと思います。

 

皆様も、お子様の家庭内事故にはくれぐれもご注意ください。

 

ABOUT ME
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)
ペギー(ヨメ)です。
10年以上、塾の講師として働いていました。幼児から中学生までの子どもたちと接してきた時間は私の貴重な宝物です。こどもたちの可能性は無限大!!
3男児の母となった今、育児に奔走する自分をブログにつづりつつ、これまでの先生としての経験が誰かのお役に立てればいいなと思いブログの更新をがんばっていきます。

ペギーのプロフィールペギーが書いた過去の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です